teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


H31年2月前半記:M4会・VY会・カラオケ懇親会を楽しみ、思い出集の編纂をあくせくと続けます

 投稿者:大脇禎弌  投稿日:2019年 2月13日(水)06時14分46秒
  ●2/1(金)午前、家内の星ヶ丘医療センター(整形外科)に通院。「掌の骨折も新しい骨が出来、痛みもなく、順調に回復しているので、今日で治療終了にしましょう」と診断され、4ヶ月8回の通院でした。午後は「ほりのうち整形外科」に通院、「骨密度も僅かに上昇した、副作用のカルシュウム値や腎臓値の上昇もなく順調に治療できている」「当院では20-30名が注射治療をするが、全員女性」と診断されました。
●2/3(日)午後、家内が帰宅して孫に入学祝いを渡すと大喜び。当初は堺のお爺さんお婆さんもご招待して「お祝いの会」でもと色々思案しましたが、出しゃばったことは差し控えることにしました。娘夫妻は時間と出費を欲しまずに賭けました。私の時代はすべて家内任せで、お金は出しましたが、時間も口も出さず、子供の「自主性」を尊重し過ぎました。解放された孫は、2/8(金)から2泊3日で所沢の保育園時代の友人宅にお母さんと出かけ、東京を満喫して友達のお土産をいっぱい買って帰ってきました。
●2/4(月)夕刻、「M4会」(北新地・へちもんや)に4名が半年振りに集いました。会席料理を舌鼓しながら、積もった話で盛上りました。ビールオンリーの福山人を除く3人は「熱湯に浮かぶ熱燗」がお気に入り、1升以上を飲み干しました。2次会は甲子園人馴染みの母娘が切盛りするスナック(ウール)に出向き、ドンペリを勧められて4人で1本ボトムアップしましたが、シャンペン好きでない私には美味しくなく、何杯飲んだかも記憶していません。何時もより随分出費が重みましたが、これもお付き合いでした。
●2/5(火)正午、「VY会」(香里園、大幸)に8名が集い、「ビデオの思い出集」の準備について相談しました。①1月末期限の原稿集めは1月末に集中すると期待していましたが、「投稿者53名、投稿原稿80頁」で、期待外れでした.。発起人の私から「100名投稿を死守したい」と提案し、150名ほどの名簿を分担して督促することにしました。②製本の見積もりが来ましたが、1冊2.000円を超えましたので、最大1.500円内で印刷会社も含めて再検討。③文字を読み易く配列し、時代順に区分けする編集方針を決定。④写真の挿入方法の具体化。⑤会計担当の決定など、衆知を集めて議論しました。終了後有志で2次会(Akiko)に出向き、事務局と岡山人の3名で熱唱、他の5名は予定が重なって帰りました。
●2/7(木) から5日間、123名に「ビデオの思い出集」の原稿督促メールを出しました。一部から返信があり、「素晴らしい企画で是非書きます」「大脇さんから催促され、直に書いて届けます」「体調悪く、夏まで待って欲しい」「気力も記憶力も衰えて辞退する」「文章を書くのが苦手で書けない」などの返信があり、期待値とかけ離れました。老いと共に元気が無くなりつつある現実を垣間見て、びっくりしました。相手の気力を刺激して、「100名文集」を何としても必達したいと思います。
●2/9(土)夕刻、昨年「我人生80余年の体験談」の発表の場の段取りして頂いた方など、総員6名で「カラオケ懇親会」(Akiko)を行いました。若い時に五木ひろしと同じ年にデビューして歌手を志した自営業(食品加工)の方は流石プロ並みの歌唱力、「心がこもって・丁寧で・間の取り方が上手い」と合点しました。まだ現役(電気メーカー)で活躍するシニアは三波春夫の「俵星玄蕃」が十八番で、浪花節調の早い台詞を歌い切り、ブラボーでした。引き続いて3人目は同じ赤穂浪士の「松の刃傷」を歌い、この歌も台詞にパンチカがあって拍手喝采、2人の女性陣も綺麗な声で歌上手、私も気分よく随分歌いました。6人6様に選曲され、大変盛上りました。皆さんは私より一回りも二回り若いだけに、若々しく元気はっらつ、大いに刺激を受けました。「大脇さん、声もよく出て10歳は若く見えますよ」と言われ、ご機嫌でした。
●2/11(月)の新聞報道で、2/8に作家で堺屋太一さんが多臓器不全で亡くなり、83歳でした。通産官僚時の35歳の若さで大阪万博をプロデュースして一躍有名人になり、私より1歳先輩の同世代。昨年から津川雅彦さんや市原悦子さんなどの同い年の有名人・同期の桜・高校の同窓生・親友など、多くが亡くなり、80前後は寿命の分かれ目と察しました。若い人と接すると、「60-70代は元気モリモリだけど、80代に入ると急に体力・気力が衰え、自分の命はいつまで続くのかなぁと考える」と話すと、「大脇さんはまだ体力・気力も十分で若い、長生きしてくださいよ」と激励されます。認知症や癌にならないことが長生きの秘訣ですが、私は胃と大腸にポリーブがあり、「定期的に検査せねば」と決意しました。(2019.2.13)
 
 

H31年1月記:孫の受験で外出を自粛し、思い出集の寄稿原稿の編集に大わらわ

 投稿者:大脇禎弌  投稿日:2019年 2月 2日(土)13時00分48秒
  ●元旦(火)-3日、家内は帰宅して昼夜を家族団欒で過ごしました。孫は受験を目前に控え、ゆっくり休息する時間も欲しみ、2日から塾通いが始まりました。元旦の昼間に「山田神社」の初詣に全員で行く予定でしたが、ひと際寒いので爺さん婆さんは自粛。おせちや寿司・蟹鍋・焼肉などを食べ、家でテレビを見ながらの「のんびり3が日」でしたが、年賀状書きが続きました。
●「ジィジィ、1月は外出すると孫が心配して勉強に集中出来ないので、試験が終わるまで外出を控えて!」と両親から懇願され、殆どの新年会をキャンセルして家籠り…巴会関西支部会・松愛会枚方南支部会・モナリザ会・夜の京響コンサート・いとこ会を欠席するも、80通程の投稿原稿の編集に大わらわでした。
●1/4(金)午前、「ほりのうち整形外科」への家内の通院が始まり、1月は11・18・25と続き、1/10(木)は「香里ケ丘有恵会病院」に通院。1/4午後は「香里ケ丘有恵会病院」、1/7(月)午前は「磯谷クリニック」、1/10(木午前は「関西医大循環器内科」と私の通院も始まりました。昨年は夫婦で77日通院しました。
●何校かを予備受験後、1/19(土)-20(日)に本命校の「四天王寺中学」と「大阪桐蔭中学」の2校受験…共に合格し、どちらにするかを随分迷いましたが、両親や爺さんの思いとは反対に後者を選択。前者は女子高で医学部志望者が多く、自主学習が主体の学校。後者は学校が大学進学に物凄く力を入れて東大・京大・阪大他の有名校に多数の合格者を輩出、スポーツ・吹奏楽・進学の専門クラス分けして全分野に全国制覇を目指しているようです。早速宿題が出され、これからは宿題こなしで学力向上を目指します。カナダ留学もカリキュラムに入り、高2で全学科の履修を終え、高3は受験勉強に集中します。
●1/20(日)午後、「京響定期演奏会」(京都コンサートホール)に家内と出掛けました。演目はマルク・アンドレーエ指揮(スイス生れ、欧日で活躍)、ゲルハルト・オピッツ’(ドイツ生れの世界的ピアニスト、ウィーンフィル・N響などと共演、親日家)の独奏のブラームス(1831-1907)の「ピアノ協奏曲第1番ニ短調」(46分)とムソルグスキー(1831-1873)作曲、ラベル編曲の組曲「博覧会の絵」(35分)の2曲、満席でした。前者は繊細で華麗な曲で聴くほどに好きになれる曲、ピアニストは観客の大喝采に応えて4度舞台に立ちました。後者は若くして亡くなった友人の回顧展で深い感慨受けて作曲した一連のピアノ組曲を作曲家の死後にラベルが編曲、ロマンチックで楽しい曲でした。
●1/21(月)、年賀ハガキの抽選番号を調べ、60年経って初めて「2等」が当たりました。早速郵便局に行くと、2人の女子職員が当局で初めてです、「おめでとうございました」と最敬礼を受け、物凄くハッピーに感じました。「今年は7月に再抽選がありますので、お客様の運の良さを楽しみにしてください」と言われました。特等は海外旅行、1等は国内温泉旅行、2等はカタログから選べる郷土の特産品でした。
●1/24(木)午後、昨年11月の氷見温泉ツアーを行った「M7会」(新福島、廬)に6名が集合。旅行2日前に突然の肺炎入院で不参加になりましたが、私の快気祝を兼ねての開催でした。店主は60代初めの元松下マン、早期退職して「辻料理学校」で修業して夫婦で家庭料理を切盛りする割烹。甲子園人と私は初対面でしたが、中研でビデオヘッド開発に携わったメンバーだけに直に仲間意識が芽生えて打ち解けました。小じんまりとした雰囲気の中で、物腰柔らかなご夫妻との会話も楽しみました。気分よく、お酒が進んで4時間ほど飲み続け、5人が2次会(北新地、常)で空オケ。金沢人は少し早めに帰路につき、樟葉人と一緒に帰り、「大脇さん、足元がふらついていますよ。体に気を付けてください」と忠告を受けました。
●1/26(土)夕刻、孫の「合格祝い食事会」(T-saite)、1時間程地下のフードコーナーで缶ビールを飲みながら待機。自然食のバイキングレストランで日頃縁遠い野菜を沢山食べましたが、カレーが一番の好物でした。
●1/30(水)午後、「香里園ブラ」(Akiko)の新年会。ウイスキーのオンザロックをボトル半分ほど飲み干し、酔いました。隣席の長崎出身の86歳のおばあちゃん家族3名(お嫁さんと娘さん)と会話が弾みました。
●1/31(金)午後、雨降りの中で数年ぶりに天然温泉「水春」に行くと、駐車場は満杯。昨年8月に介護入浴サービス以来の「湯船漬かり」でした。最近は寒い中で暖房を付けながら、44度で15分ほどシャワーを浴びていますが、時々「温かい湯船に漬かりたいな」と思うことがあり、やっと実現しました。数年前はサウナなどを2時間程漬かりましたが、今回は1時間で上がってしまいました。(2019.2.2)

 

H30年12月後半記:フジ印刷訪問・E杯・よし春会・思い出集の編集…、慌しく大晦日を迎えました

 投稿者:大脇禎弌  投稿日:2018年12月31日(月)23時58分5秒
  ●12/17(月)夕刻、「フジ印刷」(取説制作会社)を「思い出集」の印刷依頼に世話役2人と訪ねました。後輩が社長を務め、パナのOBとOGの2人が支えます。嘗ては「パナの共栄会社」もパナの工場の海外移転で注文が激減。社長就任と同時にリストラを断行(約250名から半減)、「古手社員の早期退職で若返ったが、カルチャーの違いで思いが浸透せず、苦労した」と内訳ました。「過去を顧みず、売上が全てで雇用を守るのが役目」との使命感に燃え、当時のパナの技術者から大変身でした。取説作成で養ったノウハウをベンチャーの玩具メーカー(ツミキ類)の取説を一手に引受ける提案型の取組みは、「創造力が求められる仕事で若い人が育つ」と感銘しました。しかしまだ序の口だそうで、パナの海外工場に出張所を設けて、取説データの請負仕事が売上の8割を占めます。私は現役時代から、会長・社長・役員と交わり、相談やサゼッションをしてきましたが、当時の姿は一変して新たな会社に脱皮しつつある姿にエールを贈りました。打合せ後、懇親の場を設けて頂き、6名で鍋を楽しく突きました。社長が「大脇さんと暫し海外出張に同行した時はワインを飲んでおられましたが、今は酒ですか」と言われ、家までタクシーで送って貰いました。
●12/19(水)正午、「E杯世話役会」(サンゼリア香里園店)に3名が4ヵ月振りに集合、次回の懇親会開催の相談をしました。2月後半に前回と同じ食事処(穂の河)で開催することにして、主だったメンバーの都合を事前調整することにしました。2人とも他のOBとの接触が少なく、私との交わりが会食空オケの稀な機会の様で2時間程楽しく熱唱(美の里)。現役時代は同じ釜の飯を食べて苦労した仲間に憩いの場を提供するのが「先輩の務め」と悟り、多くのOB会を守して「参加者の笑顔」に世話役冥利を感じます。
●12/21(金)夕刻、「よし春会」(御馳走よし春)に5ヵ月振りに8名が集合。私の入院話やパナの現況などで盛上りました。「大脇さん、ふっくらしたよ」と甲子園人に言われてびっくり、「食事量は病院食程度だが、酒量がカロリーオーバーしている」と言い訳。肺炎に罹って、「通院で治した」「1週間程入院した」と打ち分ける人がおり、3週間入院は長いようでした。他愛ない話が延々と続き、楽しい一時を過ごしました。
●12/22(土)、「物故者を偲びつつ、皆で語るビデオの思い出」の投稿も20通ほどになりました。毎夜原稿を読み、タイトルや分かり難い文章の修正や字体の統一、A4版1枚への圧縮などを続けておりますが、2日程かかる場合もあります。修正原稿を翌日、投稿者に転送して了解を取ると、「分かり易くなった」と感謝の返礼が来ます…文章を圧縮すると、余分な表現が取れて簡潔になり、読み易くなりました。
●12/23(日)、大学のクラス会「巴楊会・卒業60周年会」(入学48名)の問合せが来ました…「2年先は体力的に待てないので、来年にして欲しい」との意見が多く、参加の可否・希望時期・希望場所のアンケート。関西支部会は昨年終了、名古屋での本部会は来年の60周年会で打ち止めにしたいとのこと。鬼籍に入った人(13名)・音信不通(8名)・歩行困難な人(9名)を除くと「健常者は18名」…参加の返事をしました。
●12/24(月)朝、年賀状をセブンイレブンで購入して終日年賀状書きに集中。「明けましておめでとうございます…病院通いしながら、夫婦楽しく暮らしています」と挨拶状を印刷、宛名は自筆で書く習慣を継続。滅多に会うことのない人を懐かしみ、体調を案じながら150通ほどを書上げ、枚方郵便局に投函。富山に出向く義息を枚方市駅まで送りながら、本年も元旦着の日程(12/25締)を厳守してホットしました。
●12/26(水)午後、自動車の半年点検に出向きました。2ヶ月ほど前から催促され、入院などで遅れ遅れの入庫。6年目で走行距離は約3万km(14km/日) で来年末に車検、営業マンから新車の売込みも、「後何年運転できるか」を迷うところ。週末は義息も利用するので無いと不便、「白内障手術で運転には不安がないが、90歳まで運転できれば、替え時かな!」と思うも、90まで運転した先輩はいません。
●12/27(木)-28の2日間、家内は通院を終えて久し振りの帰宅。前日肉や野菜を買込み、爺さんの手料理を賞味。「新しい掌の骨が出来つつあり、サポーターは後1ヶ月程必要」との診断(星ヶ丘医療センター)。
●12/29(土)-30は正月3ヶ日の買物。孫家族の正月は受験の最中で、おせちは作らないと宣言。3ヶ日は孫家族と昼夜食事を共にするので、家内と肉・蟹・おせち・飲物・野菜などを補填買いしました。
●12/31(日)、今年最後の買物後はPCと睨めっこ、本年も多くのメール交信をしました。紅白で空オケ用新曲2曲をリストアップ、新年を迎えます。H30年も何とか元気に暮して、「感謝!感謝!」です。(H30.12.31)
 

H30年12月前半記:退院してOR会・K4会・VY会・香里園ブラ・家内のクリスマス会と外出続でした

 投稿者:大脇禎弌  投稿日:2018年12月16日(日)22時21分1秒
  ●12/4(火)正午、半年振りの「OR会」(松心会館)に11名(内80歳以上が4名)が集合…参加予定者の1人は間際で体調を崩し、他の1人はうっかり失念して2名が欠席。新規加入がないので老齢化が進み、体調不良の欠席者が増え続けます。私は退院3日目でしたが、急遽参加して冒頭に「思い出集への寄稿」をお願いしました。車椅子の大先輩(93)が介護タクシーで駆け付けて会長挨拶、「ビデオ立上げの当初の販売の苦労話」を披露…「松下幸之助創業者からわしの言う通りに売りなさいと指示されたが、1台も売れず…私流で売りますと返事」「売れたか…と催促され、ラブホテルに売込みました」との逸話。松花堂弁当を突きながら和気藹々に懇親が続き、香里園人(84)が中締め、最後に樟葉人がフレーフレーを声高らかに熱唱して終焉。空オケ大好きな大先輩には声を掛けずに有志5名が香里園(アキ子)で2次会、ママから「皆さん元気で、酒豪ばかりですね」と耳打ちされました。
●12/6(木)午前、家内の週1の骨補強材の注射の通院(ほちのうち整形外科)、今月は12/13、20、28と続きます。最初血圧を測り、注射して15分後に再血圧測定し、「極端に降下がないか」(副作用)の確認。家内は高血圧気味で、毎回2回(25分後)の測定をします。
●12/7(金)午後、3ヶ月振りの「K4会」(美の里)に3名が集合…1名は予定が重なって欠席。他の2人は元人事出身者だけに昔の仲間の事情は今もよく記憶しています。詩吟教室に通う枚方公園人は高音で伸びのある声、山登りを続ける香里園人は1人暮らしで単独では外食も空オケに通わないそうです。お互いにレパートリィーが増え、5-6曲ずつ熱唱後、メニューが豊富な居酒屋(山ちゃん)に香里園人が案内。2人はビールと焼酎、私は熱燗で夫々が好みの品を注文して突き合い、楽しい一時を過ごしました。
●12/11(火)正午、「VY会準備会」(サンゼリア)に3名が集い、「思い出集」の原稿集め(1月末締)の相談をしました。既に10数名から投稿がありましたが、対象者を民生用から業務用まで広げ、短文歓迎・長文は事務局で圧縮編集などの要項を300名ほどに督促メールを出すことにしました。目次に「お遺族に捧げる故人の思い出」の項を設け、「タイトル」には出来るだけ物故者を表示するように編集し、各物故者の縁の方に思い出を綴って貰う要望もすることにしました。私は会う人ごとに協力をお願いしておりますが、懐かしい思い出を持ちながら「昔のことは記憶が薄れた」「文章が苦手だ」とか言う人も意外と多く、準備の意気込みを訴え、「100名100頁」を目指し続けます。
●12/12(水)、家内が大好きなお友達で、私の現役最後(研究所)の仕事仲間(後輩)の奥様(因島在住)から「みかん箱」が届きました。ご主人(享年58歳)が食道癌で亡くなって16年、今も親しくお付き合いを続けます。娘さんがイベントを企画して繁盛する「カフェ」を手伝い・高齢の実父を介護し・ご主人の墓守し・ミカン畑を切盛りされる多忙さで、「大阪には中々帰れません」「初春に帰阪して奥様にお目にかかりたい」との便り。農薬を使わずに自然に熟したみかんだけに、家内も孫家族も「とても美味しい」と絶賛。早速お礼のメールを出し、併せて「物故者を偲ぶ思い出集の編纂」と「来秋の出版記念パーティ開催」の準備状況も伝え、協力をお願いしました。
●12/14(金)午後、「香里園ブラ」(アキ子)の快気祝。ママの妹君が久し振りに名古屋からやって来て先客は2人…91歳の元気な御仁は「枚方から一人で歩いて来た」と話して選曲も今風のバラード曲、「孫の世話の息抜きに出口から車でやって来た」と話すご婦人はパンチのある歌を熱唱、我々も仲間に入って4人の歌合戦になり、10曲程歌いました。「感情がこもっていたよ」とママに褒められて調子に乗りました。
●12/16(日)午前、「総合ケアの入居家族懇談会」で施設の運営概況の報告を受け、「クリスマス昼食会」に参加…いつも参加する孫家族は入試手前で不参加。家内は常日頃「どなたも優しく声を掛けて頂いて楽しい」と話し、骨粗鬆症で骨が折れ易い状況で外出を控えるようにしました。職員総出で調理した焼きそば・おでん・おにぎり・デザートなどが振舞われ、「ハワイアンフラ」(香里園)の長い髪の毛の奥様チーム8名が日頃のレッスンの披露、入居者は大喜びで拍手喝采。最後に職員が全員揃って今ヒット中の「U.S.A」を踊り、若い男性介護士が大ハッスル、2歳くらいの可愛い曾孫が足並みも危うげに踊りました。(H30.12.16)
 

H30年11月後半記:肺炎で3週間入院、胸水が溜まり、老体のメンテナンスができました

 投稿者:大脇禎弌  投稿日:2018年12月 2日(日)16時16分4秒
  ●11/7(水)午後、2日程前から風邪気味で市販薬を飲むも効果がないので「星ヶ丘大谷ハートクリニック」に駆込んで風邪薬(咳止めや痰切薬など)を調剤して貰いましたが、5日間咳が止まらず。11/12(月)の夜中、咳に鮮血が交じったのでびっくり、心身とも元気だったので、救急車を呼ばずに一晩様子見。
●11/13(火)午前、「香里ケ丘有恵会病院」で診察。早速レントゲン・CTスキャン・血液検査の結果、「肺炎の初期。胸水が溜まって心不全になりかけ、しんどいでしょう」と問われ、約3週間の入院が決まり、直ぐ外出許可を貰って帰宅、全ての約束を断り、樟葉人(中国通カメラマン)だけに入院を知らせました。10数年前にも肺癌の定期健診で肺炎が見付かり、「早期発見はラッキーでした」と医者に言われて3週間入院。
●11/14(水)午前、早速樟葉人がお見舞いに駆け付け、「元気な姿を見て安心しました。内密にしておきます」と先手を打たれました。夕刻、飲み友達(香里園ラブ)が見舞ってくれました。午前と夕刻に抗生剤の点滴と1日の排尿量のチェックが1週間続きます。11/15(木)午後、「エコー検査」で「心臓が少し弱っている」と診断。間食を止めて少し細くなった家内が娘と定期健診で来院。毎日娘が新聞を届けてくれますが、3時間程で読破して暇潰しには不十分。昼間の大相撲と夜の日米野球で退屈がしのげました。
●11/16(金)、退屈すると5階からの眺望を楽しみます。京阪枚方公園駅から香里団地に繋がるバス通り(桜通り)の香里ケ丘のバス停前に建ち(今年5月)、眼下に売出中の分譲地、奥は旧住宅街が広がり、両端に小中学校と公園があり、遥か遠方の右手は高槻の山、中央は京都の山、左手は生駒山系。通学路でバスや車の流れも頻繁、我家から6分程の所。当夜は看護師が「人の薬と間違えた」「睡眠薬に血圧降下剤が交ざった」と大慌で何度も血圧測定。初日から2日間一睡もできず、睡眠薬を貰いました。
●11/17(土)午後、外出許可も貰って帰宅、60通ほどのメールの処理、1週間振りのシャワーを浴びました。
●11/19(月)午後、小中学生の帰宅の様子を5階の窓から4時間程眺め、我が子の幼少期や孫を思い出して見飽きませんでした。7-8人の女子中学生グループが珍しくも病院の窓に向かって手を振ってくれ、私も一生懸命手を振りました。病院食の野菜料理の多さに感心、調理法を学びました。11/20(火)午前、点滴と尿チェックは終了。午後樟葉人が見舞いに本をプレゼント、全部読み終えて暇潰しができました。
●11/21(水)夕刻、咳が止まったので、孫が見舞いに来てくれました。12-1月と入試の本番を迎える孫に、「深呼吸をして焦らず問題をよく読んで回答し、難しいと思う問題は後回しにすること」とサゼッション。
●11/22(木)採血とレントゲン。11/23(金)午後、帰宅して60通ほどのメール返信に大わらわ。
●11/24(土)午後、帰宅。大阪万博が決定…20余年追っ駆けたジャズピアニスト・小川理子様が最終プレゼンで歌とピアノ演奏を披露したことを新聞で知って大喝采。彼女の本業はパナのオーディオ事業責任者(役員)…私が30年程前にオーディオ事業の再建で潰したテクニックスブランドの復活に彼女は情熱を賭けています。
●11/25(日)午後、クィーンズ駅伝(仙台)で「パナソニック女子」(6区間中の3名が区間賞)が2連覇、創業100周年記念に花を添えました。大相撲千秋楽は小結・貴景勝(22)が勢いのある押しの一手で優勝、毎日2時間観戦して幕内力士の全員を覚えました。昨夜から睡眠剤が効かなくなり、担当医に調剤を依頼。
●11/26(月)、顔馴染み(入院患者)が居なくなり、平均的に1週間内で退院。担当医が「胸水は取れ、肺炎もよくなったが、暫く影は残る。今週末で退院可」と診断。この夜から睡眠剤は2錠、熟睡しました。
●11/27(火)、栄養士の食事指導を受け、「適量だが、野菜不足に気付いた。酒がカロリーを上げている」と反省。眼下の分譲地での戸建て様子を観察、クレーンと4-5人の大工が木槌を使って7時間程で外観の組立て完了。11/28(水)午前、CTスキャン。午後帰宅…パソコンにのめり込み、看護師から催促の電話。
●11/29(木)午後、久し振りのシャワー。担当医からCTスキャンの結果報告…「最初の映像で肺癌らしき影があったが、今回の映像で消えたので大丈夫」と診断されましたが、3ヵ月後の再診予約を取りました。
●11/30(金)、終日退屈しのぎに談話室を行ったり来たり。胆石で再入院した人・全身麻痺で脊髄を手術した人・足や股関節を骨折して長期入院する人…病気は色々、高齢者が圧倒的に多いです。
●12/1(土)午後、樟葉人がわざわざ退院祝を持参。ナース室に挨拶し、孫のお父さんに迎えて貰いました。久し振りの晩酌が美味しかったです。やっぱり気ままな我が家が寛げます。(H30.12.2)
 

H30年11月後半記:元社長の長寿を盛況に祝い、VEOBを楽しみ、異業種の友人と突然の惜別

 投稿者:大脇禎弌  投稿日:2018年11月17日(土)15時45分10秒
  ●11/8(木)夕刻、ビデオのOB有志による「元社長の長寿(卒寿)とパナ100周年を祝う会」(ツイン21のパナレストラン)を発起、何時もの協力者(宝塚人と樟葉の中国通カメラマン)を世話役に巻き込んで開催。2ヵ月間目ぼしい人に声を掛け、総勢24名が集いました。VHS立上当時は赤字経営の事業部長として当時の副社長(稲井松下寿創業社長を兼務、本社高松)から責められながら我慢の経営「へこたれるな」を合言葉に陣頭に立たれ、気さくで親しみのあるお人柄を慕って全員が一致団結して苦境を乗り切りました。当時は多忙な稲井副社長の時間が本社では取れず、困り果てた事業部長はトイレに連添って事業報告したり、毎月宇高連絡船に乗って高松通いの報告、ビデオ技術部長(甲子園人)と私が新製品(試作品)を担いでお供をしました。稲井副社長が退任される日に3人で高松に行き、「この連絡船によく乗ったが、最後になるなぁ」と元社長は児島の島景色を眺めながら感慨深げに語り、稲井様は「今日から皆様の下請けです」と急転直下で「さん」呼びになり、変わり身の見事さ(決断の凄さ)に仰天しました。
●宴は司会(宝塚人)の進行で、冒頭仕掛人の私が「本会の発起の経緯」を説明、元副社長(甲子園人)が「卒寿祝の乾杯」、元社長がお礼の挨拶で「VHSの採用を相談役が決断、JVCと上手くやって欲しいと懇願された」「VHSは松下寿に譲って岡山での生産をあきらめて欲しいと横やりも入った」の秘話を話され、「そんなこともあったんだ」と全員が納得。世話役(中国通カメラマン)が「次の百寿を目指し、お元気でお過ごしください」と花束贈呈。和気藹々の懇談の中、岡山工場時代・VHS立上時代・中研時代の縁の有志代表(7名)が祝辞を述べ、大変盛上りました。私は再度登壇して「物故者を偲びつつ、皆で語る思い出集の投稿に協力ください。私は最後の情熱を掛けています。元社長も現在書いて頂いております」とお願いし、元専務(寝屋川人)が中締めしました。元社長は「こんな祝をして貰ったのは初めて」と大喜び、「枚方市駅から皆さんをタクシーで送る」と言われ、我家は娘と孫が玄関で待機していると元社長はタクシーから降りて娘と孫と拍手し、親子はびっくりでした。孫には外出の多いジィジィの思い出の1頁でした。
●11/10(土)午後、「VEOB会」(祇園、ひろべ)に8名集合…私を除くと全員が60代でした。初参加の生駒人は「大脇部長傘下に配属され、欧州出張にもお供し、家にも伺いました」との40年程前の昔話を思い出せず、昨年2家族で食事した高槻人は「家内が肝臓手術で入院中の病院で、初孫が誕生した」、岡山の田舎(美作)で独り暮らしの父親(92)を介護していた御殿山人は「父が亡くなり、農地(口約束の境界線)の相続に手間取っている」と内訳ました。マイクを持ったら離さないメンバー2人が欠席、いつもよりゆったりと全員が5曲ほど熱唱、耳慣れない新入の選曲と声が物凄く新鮮に聞こえました。
●11/11(日)午前、「牧野のギターリストの告別式」(枚方典礼会館)に40名程が参列。前日画家(寝屋川人)から訃報の報せを受けてびっくり、早速懇意にしていた中国通カメラマン(樟葉人)に連絡。10年程前に異業種交流会に参加して頂いていた「電波新聞記者」が急死され、お世話になった有志メンバーで「偲ぶ会開催」の相談をしたときにギターリストと初めて知り合いました。温厚なお人柄でよく気が合って、「エレガンスサロン」を立ち上げメンバーに加わって頂き、12月の忘年会にはクラシックギターを奏で・ジャズのボーカルとデユエットを毎年行って貰いました。また香里園や梅田のビヤホールで別途少人数での交流も重ねました。奥様に「六甲山ホテルのジャズで家内とご一緒しました」と話すと「よく覚えています」と返事され、「主人は脊髄癌でしたが、眠るように亡くなりました」「急に逝ってしまって物凄く寂しいです」と涙ぐまれ、息子さんに中国通カメラマンが準備した交流会の写真を渡すと「酒好きな父でした。お付合いして頂いてありがとうございました」「当初は家族葬のつもりでしたが、沢山のお仲間に見送られて幸せでした」と挨拶を受けました。最後のお別れでお花を添えるとき、「何時もの顔と違う」と独り言を言うと、お姉さんが「死後5日目で昨日急変しました。今流れている曲は弟のギターを私のピアノのデユエットです」「弟は頑固者でしたが、賢かったです」と悲しげに語られました。2月に中国通カメラマンと3人で飲んだのが最後、「ご冥福をお祈りします」。
●11/12(月)午前、「星ヶ丘医療センター」に家内の手の骨折の通院、「レントゲンでは骨はずれていない、経過は良好です」「次回は11/30再診」と診断され、ほっとしました。(H30.11.17)
 

H30年11月前半記:モナリザ会・VY会・パナ創業100周年を祝う退職者会を楽しみました

 投稿者:大脇禎弌  投稿日:2018年11月 9日(金)14時00分10秒
  ●10/29(月)午前、娘に付添われて「星ヶ丘医療センター」に家内の手の骨折の診察を受けました。「難しい箇所の骨折ではないが、高齢であるし、ギブスで様子を見ましょう」と診断、手術でなくてホットしました。ところが翌日「ギブスは重くて拘束感が強く、外したい」と言出し、再度「星ヶ丘医療センター」に出向いて相談。着脱可能なサポーターに変更して貰いましたが、ギブスより効果は薄く「上手く骨がくっ付かないと、痛みが残る」と診断、2週間後の再診予約をとりました。
●11/1(木)夕刻、「モナリザ会」に4名(2名欠席)が集合。1人(後輩が務める会社の社長)はうっかり忘れて欠席、もう一人は(牧野のギターリスト)が音信不通になり、親友に問合せると「2つの治療で苦闘している」とのことでした。今日は事務局(中国通カメラマン)がビールと寿司を準備して持込み、ビールと高級酒の老酒で乾杯、2組に分かれて和気藹々の懇談が続きました。長身の会長(生駒在住、塗装会社)は70中半にして200ヤード程飛ばすゴルファーで中国に広い人脈の持主、事務局と意気投合。私は隣り合わせの1つ先輩の元阪南大学長(豊中在住、イノベーション学会大阪支部長)と話が弾みました。お互いに国家公務員と企業で日本の高度成長期を支えた価値観を共用し、「企業では酒を飲んでストレスを解消し、明日のエネルギーを蓄えました」と話すと、「官公庁も同様で居酒屋でよく飲みました」と意気投合。「2人の孫を残して長男(享年51歳)が病死し、子宝に恵まれない次男(台湾勤務)が近々定年で帰国して養子を模索中」「若い時に甲状腺を手術して歌えない」と内訳られ、「子供を失くすのは物凄く寂しいですね」と慰め合いました。空オケ好きの3人が熱唱後、全員で記念撮影をして何時もより早めにお開き。バスに乗ると孫から電話、ほろ酔いのジィジィを案じて母娘が珍しくバス停まで迎えに来てくれ、心配かけてしまいました。
●11/2(金)午後、野菜や肉などを買入、夕刻家内を「ほりのうち整形外科」に引率して骨補強材の注射、前後に血圧を測り上下動のチェック…「気分が悪くなったり、食が進まなかったりするので、血圧で副作用の確認」と看護師が応答。今月も11/9(金)、16(金)、24(土)と毎週注射通院の予定です。遅い帰宅の孫のお父さんに「ビールのあてに、揚・白菜・豆腐・椎茸の味噌汁飲んでね」とメモを残して早々に就眠。
●11/3(土)正午、思い出集編纂の準備会「VY会」(香里園、大幸)に5名(3名欠席)が集合。投稿は4名受付、案内漏れ有、11月中に投稿の催促を実施と印刷所との折衝を行うことにしました。若手は文章を書きたがらないようで、目標の「100名100頁」は難しいとの意見もあり、各種OB会ごとに投稿期待値を定め、私は機会あるごとに声掛けをすることを決意。取敢えず遠方の岡山から準備委員を加えることにしました。打合せ後は場所を移動して懇親(空オケ喫茶・アキ子)を深めました。ほろ酔い老人の帰路を気遣って珍しく娘夫婦が香里園まで迎えに来てくれました。
●11/4(月)、M7会の「金沢花見旅行」を計画しましたが、今年は桜前線が例年より1週間ほど早まったり、道案内の金沢人の手術入院予約が確定せずなどで遅れ遅れになり、やっと「氷見温泉旅行」(11/20-21)が煮詰まり、総員5名(欠席2名)が最終案に賛同しました。私は娘家族が富山に長く住んでいましたので、あちこち食べ歩きや観光した体験からサゼッションしましたが、金沢駅構内は4年程前より随分変身したようで、金沢人にわざわざ現場確認をして貰いました。初日は金沢駅の隣ビル「フォーラス」(6Fモリモリ寿司)で昼食後、新幹線で高岡に移動して広い境内の「国宝・瑞龍寺」を観光、JR氷見線に乗換て氷見まで行き、送迎バスで旅館に到着。2日目はサスペンスの撮影スポットで有名な「雨晴海岸」から立山連峰を眺め、金沢まで直行して「近江市場」で昼食、「兼六園」と「近代美術館」を散策観光。11/8の京橋での会合後に4人揃ってサンダーバード指定券を購入する予定でしたが、うっかり忘れてしまいました。
●11/8(木)午後、パナ定年退職者の「創業100周年を祝う会」(大阪城ホール)に5.000名以上(観客席の6割以上)が参加。パナ100年史映像の放映後、社長の「これからの100年は更なる激動の時代を迎えるが、暮しのグレードアップと電池をコンセプトに取組む」と力強く宣言。パナ合唱団とナショナル劇場「水戸黄門」で25年間出演した里見浩太朗 (82)と由美かおり(67)の若々しい歌声でパナの歴史を追い、会長の挨拶で閉宴。淀みない進行で90分が瞬く間に過ぎ、松下幸之助創業者の偉大さを再認識しました。(H30.11.9)
 

H30年10月後半記:我人生体験談を講演、いとこ会・落語3家族会などを楽しみました

 投稿者:大脇禎弌  投稿日:2018年10月28日(日)19時55分14秒
  ●10/19(金)夕刻、孫が修学旅行から元気に帰宅。お土産は懐かしい広島の紅葉饅頭や岡山の吉備団子など…全員揃って舌鼓。「原爆ドーム」「倉敷の美観地区」「姫路のセントラルパーク」を観光したと話しました。何れも我子育て時代に家族旅行して熟知した所、孫の楽しい旅の様子を聞きました。
●10/21(日)午後、年1度の「地域学会の総会」(寝屋川市松屋公民館、1時間)に会員25名程(30-60代、女性が6割)が集合…最初はお琴の演奏、次いで健康体操があり、最後の30分で「我人生体験談、人との繋がりを大切に、激動を突っ走った80余年」のタイトルで講演させて頂きました。予想より若い参加者でしたので、急遽「人生体験語録」に絞りました。「生立ちと戦争体験」「パナでビデオの創業から携わり、VHSが大成功」「経営の神様のオーラーを体感」「定年後は大学生にマナーと思考力の重点教育」「ボランティア塾を開いてベンチャー企業を支援」「各種OB会・同窓会・兄弟いとこ会・仲間家族会・異業種交流会などを立上」…を話題にして簡潔に話しました。20日程前に「デジメ」を渡してプリントを準備(50部)して頂き、当日の話の道筋がデジメと少々食い違うところが出て、「大脇節が出ていなかったよ」と知人から耳打ちされ、皆様からお礼の挨拶を受けて感謝。元同業のお2方から「私は船井電機に務め、VHSで儲けさせて貰いました」「シャープで暖房機を担当していましたが、パナでビデオ一筋に頑張ってこられた人の噂を聞いていました。大脇様に会えて光栄です」との声に感激。花束を頂いて全員で記念撮影をしました。
●10/25(木)正午、「いとこ男3人会」を香里園で開催。守山のいとこは2時間半程掛かったと話し、「ようこそ香里園へ!」と歓迎。早速昼食を兼ねたビールのつまみを買い込んで空オケ店(アキ子)に持込み。「京都のいとこは歌嫌い、守山のいとこは最近歌ってない」の2人を引っ張り込んで、3人交互に唄うことにし、2人は懐メロを掘出して5-6曲ずつ唄いました。ママから「仲がいいですね」「お3方とも酒豪揃い」と声を掛けられ、「2ヵ月に1回は京都で飲んでいる」と応えました。同い年の常連さん(元船乗り)が仲間入りして歌の競演、盛上りました。「大脇さん、今日は酒量で負けています」とはっぱを掛けられました。
●10/25夕刻、折角の枚方での「いとこ会」でしたので、我家に移動して「夕食会」。娘と孫は塾通いで挨拶だけして出掛けました。今日の男料理は「焼肉」、前日肉(佐賀牛5級)・野菜・焼きそば・焼酎などをいっぱい仕入れ、当日の午前中に野菜などを洗って刻んで準備。しかし1人調理は手間が掛かりましたが、焼酎を飲みながら焼肉や野菜炒め楽しく突きました。日頃店頭に出ない「ミノ」を焼くと3人とも箸が進んで大喜び。空オケ店で随分飲んだので、食は進まず、準備した食材の殆どが手付かず。長い道のりの家路で長居も勧められず、2人は早目に退散。全員80代の思い出に残る1日を過ごしました。
●10/27(土)午後、仲良3家族(香里園人・守口人)で渚一門会「ハッハマイカタ寄席」(枚方南部生涯市民センター)で落語5席を楽しみました。3家族とも「渚家六丸」(桂文枝の関大落研時代の後輩)の大ファン、最近六丸さんは京都地域公演を担当し、枚方公演から遠のいていました。三枝らしいユニークな発想の生簀で泳ぐ「鯛の落語」(桂三枝作)…プライド高い古参の明石鯛がお客さんや板前の癖を観察して如何に網にかからずに長く留まるかの知恵を磨き、新参の明石鯛に授ける噺、六丸さんは手振り身振りも賑やかに演じました。帰り際に「初めて聴いて楽しかった」と檄を飛ばすと、「大脇さんに是非聞いて頂きたいと思っていました」と奥様共々挨拶を受けました。久し振りに再会した3家族6名も爆笑して大満足、近場で「夕食会」(サンマルク香里店)を開催。全員が赤ワインで乾杯、近況を語り和気藹々の楽しい一時を過ごしました。
●食事処から帰宅すると家内が「手が腫れて痛い」と言出しました。寄席の前に会場近くのバス停まで孫を送った時に、信号手前でバスが来て急かせると孫と手を繋いでいた家内が顔からこけました。孫が物凄く心配しましたが、「頬と左手の擦り傷程度で大丈夫」と判断、そのまま会場に出向きました。娘が物凄く心配して家族揃って「星ヶ丘医療センター」に出向いて緊急診察(レントゲン・CTスキャン)を受診。「指の付け根が折れている」「月曜日に指の専門医と相談ください」と診断され、痛み止めを貰って施設に帰還。
●10/28(日)正午、家内は前日骨折した左手は腫れたままで帰宅。昼食と1週間分の副食(3品程)を調理、夕刻お父さんを枚方市駅まで送りました。日曜日は家事重視で外出は控えています。(H30.10.28)
 

H30年10月中半記2:我80余年の人生体験をA4版1枚に纏めました

 投稿者:大脇禎弌  投稿日:2018年10月28日(日)19時38分58秒
  ●10/21(日)午後、学会の地域総会(香里園)で講演を頼まれました。大変名誉に思い、「我人生体験談:人の繋がりを大切に、激動を走り続けて80余年」を下記に纏めましたが、「我人生体験語録集」に仕上がりました。

<生立ち・戦争体験>…信条(生活哲学)が育った
●人生歴…1936年名古屋生れ、1960パナ入社、1997大学教授に就任・ボランティア塾開催、今はOB会に励む
●1945年、父は戦死・自宅借家を戦火で焼失・母子家庭育ち…“質素堅実・自主決断力を育み、人に好かれた”
●超空の要塞・B29の空爆(焼夷弾投下、東京で8万人・大阪で1万人焼死)や艦載機銃撃を体験…7/26ポツダム宣言・8/6広島原爆、8/9長崎原爆・8/15玉音放送…戦後は食糧難と社会の治安が乱れた(人殺・列車事故多発)
●1965年、戸建を新築して結婚…家内は料理好きで若者や外人客を招待、“多忙だったが楽しかった”と回顧
●我家の悲劇…1)家内が20年間姑のへばり付介護(親孝行と家庭崩壊の寸前)、2)長男が肺癌で急逝(享年37歳)
●信条…1.人との交わりを大切にした(人情・信頼・仲間意識)、2.人がしないことに挑戦した(ビジョン・情熱・執念)

<会社生活>…ビデオ事業創業から全盛期を体験して最高の達成感を味わい、経営の神様に直接師事してオーラーを体感
●商標「ハイビジョン」考案者、「ミスターVHS」と呼ばれた(同期入社仲間)、「私が歩んだ松下のビデオ史」が今も好評
●パナでビデオ開発23年、10年間の苦闘の末に「VHSの世界普及」(世界の家庭に映像文化を浸透)を実現
1.好奇心旺盛で独創的な不可能にハングリー魂で挑戦…奮い立った若者が“神の手”を発揮してヒット商品連発、2.目標設定は下意上達を心掛けて上司決済を徹底…部下の昇進候補研修(主任・課長・部長)では徹底指導、
3.即決即断を心掛け、決断したら完成まで変えない…日々完結・自主責任を実践、
4.目標設定と日程計画は綿密に立案、実務は若者任せ、最後の仕上げは率先垂範して計画必達、
5.欧米メーカーとの共同開発では異文化コミニュケーションで苦労(海外出張約150回)…フィリップス・コダック・RCA・GEなど
●ビデオ後は、研究所の立上げ・オーディオ事業の再建・MEテープ(20余年研究開発の結晶)の実用化などに携わった
●2006年、「VHS30周年記念大会」(Hオークラ東京に業界元トップが集う)で、「記念講演」(VHS成功の要因)を託された
●「松下幸之助創業者」、稲井松下寿創設者(幸之助奥様の甥)に直接師事…“創業者の笑顔と情熱”が今も蘇る
1.社会に役立つ…お客様が好む商品・サービスの提供、2.素直な心…お客様の聞えない声を聴く(ニーズ発掘)、3.店頭訪問(在庫確認)…現場現物主義、4.おごらず・迷惑を掛けず・感謝の心(謙虚・後始末・もてなす)

<定年後の生活>…情熱と奉仕精神を発揮して余生を楽しむ
●関西外大(10年間)で「情報概論」(IT)を約3.000名に教えた…思考力とマナー教育を重視。教材作りに試行錯誤、「我人生体験日記」が大好評…例、JR宝塚線事故で新入生が犠牲、我日記に受講生全員(約200名)が号泣
●ボランティア塾「異業種交流・エレガンス会」(15年間)を月例で主催(梅田)…塾長として300社程のベンチャー企業を指導(課題指摘と対策助言)、最盛期には40-50名が集まった…現在も2つの異業種交流会(会長)を続ける
●「憩いの場」を多数作って楽しむ…各種OB会・中高大同窓会・EIAJ-OB会・異業種交流会など
●「家内孝行」…家族国内外旅行、仲良家族会・兄弟会・いとこ会、趣味(音楽・美術館巡り)などを楽しむ
●家族・友人に綴る「我Web日記」が17年目(A4で500頁)…特に「故人の思い出記」「旅行記」は大好評
●今最大の情熱…「物故者を偲びつつ、皆で語るビデオの思い出集」(100名100頁目標)と出版記念パーティを発起

<80代の悟り>…広い人とのかかわりが宝になった
1.人との広い繋がりが財産になった…奉仕精神で行事を仕掛けて感動を共有…心の通った友と旧交を楽しむ
2.夫婦元気が最大の幸せ…病院通が命を守る(早期発見・薬の効用)…人の親切に感謝感激(入院・デイサービス)
3.孫は人生の宝…純真で明るく、元気を貰う
4.老いても切磋琢磨…大らかで話題の豊かさが人を惹き付ける                   (H30.10.28)
 

H30年10月中半記:メカOB会・ビデオ会・いとこ4家族会を楽しみ、オレオレ詐欺を駆逐しました

 投稿者:大脇禎弌  投稿日:2018年10月18日(木)20時58分19秒
  ●10/12(金)夕刻、1年振りの「メカOB会」(福島、梅の花西梅田店)に名古屋・高知・香川と遠方からも馳せ参じ、総勢23名(私が課長時代の若者が中心)が集いました。冒頭最年長の私に挨拶の指名があり、「オープン時代に配属された同期生5人の4人が亡くなり、80代の命の重さを知った」「次週、地域の会合で我人生体験談を発表することになり、人生を振返って考えた結果、夫婦長生きして金婚式を迎える幸せ・孫は人生の最高の宝・病院通いをすることが長生きの秘訣」「技術家の皆さんの1つ1つの小さな苦労の積み上げが結集し、VHSは世界普及を果たした。皆で語るビデオの思い出集には是非投稿ください」と挨拶。全員が近況報告して盛上り、楽しい一時を過ごしました。帰路、枚方市に住む若手が枚方公園で一緒にバスに乗り、「私大脇さん宅で持成しを受けました」と告白されてびっくり、老体を気遣って貰いました。「お蔭で孫と約束した門限に間に合いました」とお礼メールを入れました。
●10/13(土)正午、「ビデオ会」(松心会館)に113名(会員登録386名、出席率29%)が集い、93歳の大先輩が介護タクシーで参加、1年振りの再会に慌ただしく旧交を温めました。ビデオ会代表が「2年後に20周年会は盛大に祝いたいと思いますので、皆様お元気で是非ご参加ください」と挨拶、発起人の一人の私は大学の教授を務めながら、10年間副代表を務めましたが、当時の世話役の大半が参加できなくなりました。今回は「思い出集の投稿」のお願い回りに終始、半数以上の皆さんから快諾を得ました。「2次会をやりたい」と乞われ、「アキ子」(香里園)を予約。空オケ大好きな大先輩と甲子園人(86歳)も含めて9名が参加して盛上り、焼酎や日本酒を4-5本飲みましたが、60代は元気モリモリです。
●10/14(日)午前、「いとこ4家族会」(琵琶湖の北小松、松永)に7名(京都の夫婦・山科の母娘・守山・我夫婦)が集いました。1年振りの「活き鮎焼料理」(活き鮎は4月後半から11月初旬迄)を楽しみました。「鮎3匹と鰻蒲焼のコース」を全員が注文…1匹ずつ塩をまぶして焼き始めるとピチピチ踊り、脂がボトボトと落ち、7-8分焼くと皮に焦げ目が付き、ビールや焼酎のあてに最高でした。2匹しか食べない人の分まで頂いて4匹食べ、家内もしっかり3匹食べて大満足。京都のいとこの入院で半年遅れてやっと実現しましたが、「癌は完治しない、1年後の転移を恐れている」「長生きはできない」と告白。「生きたいと思う強い気力が生命力になる、是非克服して長生きしよう」と檄を飛ばしました。山科のマドンナの7人乗りの車で守山のいとこを家まで送り、我々は三条大橋で下車して家内と夕食を食べて帰宅しました。道のりが遠く渋滞もあり、観光もせずに半日を費やしました。次回は忘年会と来春の旅行の計画を進めることにしました。
●10/16(火)午前、息子から久し振りに「明日帰る」と前日の夜電話があり、「いい知らせがあるのか」と期待して待っていると、「親父、近所の病院で風邪の診察を終え、今から車で大阪に向かう」と電話。前日から枯れた声と非通知の電話で「何時もの息子の声と言葉遣いが違う」と思っていると、正午前に「今新大阪に着いたが、会社から緊急連絡が入り、折返し東京に向かうので帰宅出来ない。最近友達に誘われて投資信託を行ったが、持ち逃げされて連絡が取れない。会社に薄々知れて困っている」と話したので、「お前は息子か!」と怒鳴ったら、電話が切れました。直ぐ娘が息子に電話すると「元気な声で、家に帰るときは姉に電話し、親父にメールはするが電話はしない」と言われました。多少声が違っても風邪をひいたぐらいに思い、「老人は騙される」「お金を乞われたら詐欺だ」との体験を学びました。
●10/17(水)午後、孫が帰宅すると婆さんが「修学旅行の小遣い」を渡し、孫は大喜び。「ジィジィ・バァバァ、お土産は何がいいの!」と尋ねられ、「何でもあなたの気に入ったものでいいよ」と応えました。「明日から1泊で倉敷の美観地域を旅する」「早朝、学校からバスで新大阪駅に行き、新幹線に乗換える」と話し、「友達との思い出深い旅」を願いました。我時代は終戦直後の食料難の貧困時代、小学校(S23)の修学旅行はなく、中学校(S26)で三条大橋近辺の「いろは旅館」で宿泊した記憶が微かに残っています。
●10/18(金)午後、講演の打合せ。「10分経過・残り10分・残り5分をしらせて欲しい」とお願いしました。「私が歩んだ松下のビデオ史」(定年退職時)、「情報概論」(大学の教科書)、「H30年度の日記」を準備。持ち時間30分はアット言う間に過ぎますので、脱線せぬ様に話さねばと思います。(H30.10.18)
 

レンタル掲示板
/52