teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


一足お先に豊洲へ

 投稿者:塾 長  投稿日:2018年10月 5日(金)07時56分49秒
  東京・築地市場は6日に最終営業日を迎え、最後の競りなどが行われる。同日午後から市場業者らの引っ越し作業が本格化する一方、貴重な水産関係の資料を所蔵する図書室や、市場の守り神として長年親しまれてきた「魚河岸水神社」は、一足先に豊洲市場への引っ越しを済ませ、11日の開場に備えている。  
 

ちゃんこ力士が振る舞う

 投稿者:塾 長  投稿日:2018年 9月30日(日)10時51分23秒
  東京・墨田区役所前の広場で年8回開催されている産直市が、9月で2周年を迎えた。
これを記念し、29日は大相撲力士がちゃんこ鍋を振る舞ったほか、和菓子作り体験会などが開かれた。この日は地元・木瀬部屋の力士、宇良が登場。ちゃんこ鍋を市民に振る舞った。
 

上野動物園 限定解放

 投稿者:塾 長  投稿日:2018年 9月26日(水)08時01分48秒
  東京都は25日、東京府が開設されて今年で150年となることを記念し、休園日だった上野動物園わ1000人限定で無料開放した。この日、一番人気だったのはパンダ舎で、通常は行列ができてなかなか見られないシャシャンを短時間で何度も見られるとあって、カメラを持った多くの親子連れやお年寄りでにぎわっていた。  

彼岸花

 投稿者:畳敷き童  投稿日:2018年 9月22日(土)22時50分42秒
  大阪でも…咲きはじめました! 別名~“曼珠沙華”
 

鮮やかなヒガンバナ

 投稿者:塾 長  投稿日:2018年 9月22日(土)10時37分54秒
  文京区の小石川後楽園でヒガンバナが見頃を迎え、鮮やかな赤い花が訪れた人たちを楽しませている。園内の北側にある田園ゾーンに群生している。例年より花の数が多いが、開花後は雨の日が多く、やや傾いた花もある。21日も弱い雨が降っていたが、赤い花と周囲の緑との対比が際立っていた。  

五輪ボランティア支給

 投稿者:塾 長  投稿日:2018年 9月19日(水)08時04分47秒
  2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は18日、運営に携わる大会ボランティアに対し、交通費を補助する名目で活動1日あたり1000円のプリペイドカードを渡すことを決めた。同日のボランティア検討委員会で決定した。交通費以外にも幅広く使えるカードにする方向で、ボランティアを務めた記念になるようなデザインを検討していく。自宅の滞在先から会場までの距離や交通費に関係なく、1日一律1000円となる。
 

豊洲市場 使い勝手確認

 投稿者:塾 長  投稿日:2018年 9月17日(月)06時38分31秒
  10月11日に開場する豊洲市場で16日、新市場の使い勝手を確認する習熟会が開催され、水産、青果の市場関係者ら約3200人が参加した。開場前の大規模習熟会はこれで最後になる。
市場内の運搬車「ターレ」などの動線の確認のほか、市場内を巡る「シャトルバス」の試験運行が行われた。水産仲卸売り場棟では、看板や冷蔵設備、鮮魚を入れる水槽などがすでに置かれている店舗もあり、開場に向け準備が整いつつある。
 

復興の五輪

 投稿者:塾 長  投稿日:2018年 9月13日(木)10時42分17秒
  復興五輪をテーマに掲げる2020年五輪・パラリンッピックで、大会組織委員会は12日、ギリシャで行う聖火の採火式わ、東日本大震災の起きた3月11日の翌日となる2020年3月12日に行うと発表した。
福島市でのソフトボールの試合も予定よりも多い6試合とし、復興の意義を強調する。
 

築地の猫保護へ

 投稿者:塾 長  投稿日:2018年 9月11日(火)10時54分12秒
  築地市場が10月に豊津市場に移転されることを受け、築地市場にすみ着いていた野良猫を収容するための施設を整備する。これまでの市場内の猫を保護してきた区内の民間団体に無償で貸し、飼育や譲渡先探しの拠点にしてもらう。都によると、築地市場には約10年前の時点で100匹以上の野良猫が生息していた。衛生上の問題があることから、去勢したり不妊手術を行ったりした結果、約2年前の時点で20~30匹に減ったという。  

新宿産 内藤とうがらし

 投稿者:塾 長  投稿日:2018年 9月 6日(木)10時51分12秒
  江戸東京野菜の1つ「内藤とうがらし」が、新宿中心部から近い外山公園で栽培されている。
江戸時代に宿場町「内藤新宿」周辺の畑で収穫されていたこのトウガラシ。復活に向けて活動してきたNPO法人に早稲田大学の農業サークルの学生らが協力し、今年、地元の畑に戻って来た。
公園内では農薬が使えず、安全か確保できないこともあって、食用ではなく、殺虫スプレーに使われる。繁華街から出る生ゴミの防虫対策に役立ててもらおうと、歌舞伎町や大久保の飲食店に配布する予定だ。
 

レンタル掲示板
/87