teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


同窓懇親会について

 投稿者:塾 長  投稿日:2020年10月26日(月)10時50分27秒
  このことについて、皆さんと親睦を図ることを目的に、年1回開催していましたが、「新型コロナウイルス」感染に対しいまだ収束が見えません。世間では「多数の会食は自粛するように」とか「会場では、マスク着用、アルコール消毒、検温、ソーシャルディスタンス確保のため1テーブル2人まで、空調設備の稼働、透明フィルムの設置とかいろいろと言われています」もちろん安全・安心が第一ですが、そこまでして開催する必要があるのか検討した結果、開催を保留することにしました。開催できる日まで、皆さん元気で頑張ってください。
最後に一言「コロナが憎い」
 
 

2030年社会が目前に

 投稿者:塾 長  投稿日:2020年10月21日(水)17時51分34秒
  今年2020年は「新型コロナ」の影響で突然2030年の世界に向けて人類は進化し始めた。
2030年には私達団塊の世代は全員80歳代となり、日本人の多くは70歳過ぎまで働くようになり、移民を受け入れざるを得ない時代になるはずです。消費税が15%になった日本で、いま5~6歳の子供たちが高校生になり、こんなことを言っているかもしれません。「昔は自動車を人間が運転していただぜ、やばいよな」「大学へ行くくらいなら、世界中のオンラインゼミを受けるほうがいいよ。うまくすれば18歳では大学を卒業できる」なんてことをはじめ、想像できない世界になっているかもしれません。
 

コロナに敗けるな

 投稿者:塾 長  投稿日:2020年10月12日(月)11時55分53秒
  大昔からお地蔵さんたちは、青空のもとで静かに座ってソーシャルディスタンスを守っている。
「コロナ」に直面した私達は、3蜜を避け、家に籠る日が続くと、お互いにだんだんと空元気になるのがわかります。さみしい日々です。命がけで働いている医療関係者や、仕事を休めない方々への敬愛の念が湧いてくる。人間は人の交わりから始まると言いますが、「心こそ大切」との生き方を教わり、お互いに思いやりの声をかけ合う中に人間らしい生き方があると思います。
 

経費削減「聖域」にも

 投稿者:塾 長  投稿日:2020年10月 8日(木)15時38分42秒
  簡素化での開催を目指す来夏の東京五輪・パラリンピックについて大会組織委員会は7日、約300億円の経費削減を打ち出し、一層の支出切り詰めに努める姿勢を示した。延期に伴う追加経費、マラソン・競歩会場の札幌移転で発生する経費など新たな負担が避けられない中で、組織委員会は今年12月に最新の大会経費の試算を公表する予定だ。また、組織委員会の最高顧問だった安倍前首相を名誉最高顧問にし、菅首相を最高顧問にしたと、森組織委員会会長が7日、東京都内で記者会見した。  

池江選手 インカレ4位

 投稿者:塾 長  投稿日:2020年10月 2日(金)09時37分51秒
  白血病の闘病を経て実践復帰した競泳女子で日本大2年の池江選手(20)がⅠ日、東京辰巳国際水泳場で行われた、日本学生選手権の女子50㍍自由形に出場し、25秒62をマークして4位に入った。レース後は、「4位は正直悔しいけれど、今の段階では上出気」「第二の人生として自己ベストを出した満足感がある」と笑顔を見せた。また、「今は全力で日々の練習を頑張りたい」と語った。

 

敬老の日

 投稿者:塾 長  投稿日:2020年 9月22日(火)07時33分41秒
  21日は敬老の日、都内の100歳以上の高齢者は15日時点で全国最多の6694人(男性811人・女性5883人)に上る。今年は新型コロナウイルス感染症への不安が募るが、元気で幸せで長生きをしている。健康の秘訣は「趣味を続ける」「何んでも好き嫌いなくいただくこと」「バズルや計算ドリルを楽しむ」「友達と出かける力を出す」ことと語った。これまでの人生で一番うれしいことは、「子どもを育て上げ安心したこと。若い時に苦労しても、最後が幸せならばそれでいい」とも語った。
 

繰り返されるパンデミック

 投稿者:塾 長  投稿日:2020年 9月20日(日)09時11分48秒
  感染症は苦痛や死をもたらすばかりか、文明を滅ぼすことさえある。流行を何度も繰り返す病原体もある。人類の歴史を変えた感染症の大流行を振り返る。ユスティニアヌスのペスト(死者5000万・感染源ネズミ・ノミ)、黒死病(5000万・ノミ・シラミ)、ココリツリ(1500万)、天然痘(800万)、ロシア風邪(100万)、インフルエンザ・スベイン風(5000万・豚)、コレラ(150万)、HIV
・エイズ(3200万・チンパンジー)、アジア風邪(110万・鳥)、香港風邪(100万・鳥)等があげられる。現在は「新型コロナウイルス」今後も世界中の症例を検証し、分析し1日も早く収束されることを願っています。

 

ふだんの暮らしに感謝

 投稿者:塾 長  投稿日:2020年 9月11日(金)08時01分44秒
  今や、どこにいても何をしていても、いつだってだれだって感染のリスクはゼロではありません。感染拡大を防ぐためには、さらなる「行動変容」が必要です。同時に、少しでも心のびやかに暮らせるような町のあり方が、問われています。感染拡大阻止は、もちろん大事ですが、経済対策も大事です。地域での笑顔の暮らしを取り戻せるということも大切さです。誰でもが「安心・安全」の暮らしを守るため日々奮闘している方々への感謝わ忘れないでください。  

第二の水泳人生

 投稿者:塾 長  投稿日:2020年 9月 9日(水)08時00分1秒
  白血病で療養していた池江璃花子選手(20)が8月29日、東京都で開かれた大会に1年7か月ぶりに出場した。前向きなメッセージを発信した。「回復して、色んな人に泳ぎを見てもらうことができた」と、「第二の水泳人生」を力強くスタートした。当時、池江選手はツイッターで「神様は乗り越えられない試練は与えない。必ず戻ってきます」と、闘病への決意や励ましへの感謝の気持ちを表した。また、希望が遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくても前を向いて頑張れる。感謝と尊敬を胸に、1人のアスリートとして、今後の活躍を期待したい。

 

8月の列島歴史的暑さ

 投稿者:塾 長  投稿日:2020年 9月 2日(水)10時49分50秒
  8月の東日本の平均気温が平年に比べ2.1度高く、西日本では1.7度高い。全国的に際だって厳しい暑さに見舞われた。各地で最高気温の記録を塗り替えた。浜松市中区で41.1度の国内の観測史上最高の観測となった。酷暑の原因は、勢力の強い太平洋高気圧に日本が覆われ続けたためという。海面の水温も上昇し、日本の南方の3海峡では、8月の平均海面水温が1982年の観測開始以来、過去最高を記録した。  

レンタル掲示板
/94