teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


押目狙い銘柄に付いて

 投稿者:ドント  投稿日:2018年10月10日(水)15時54分29秒
返信・引用 編集済
  押目を拾いたい銘柄を、管理人独善で選定・・・損しても知りません!
(調整中の銘柄は順次入れ替えます)

--------------------------------------
■7595アルゴグラフィックス(2018/8/14選定)
(今期予想PER16.51、PBR1.72、利回2.01、自己資本比率64.5、有利子負債75)

四季報:
特色】CADシステム販売、保守サービス主柱、自動車向け半分。CAE育成中。SCSKと資本提携
【連結事業】PLM95(9)、EDA5(6) <18・3>
【連続最高益】主力のCADシステムは自動車業界の開発投資や半導体業界の生産能力増強投資など活況受け拡大。2次元CADシステムなど子会社群も着実。人件費増をこなす。連続で最高純益更新、増配。
【開 拓】3次元CADのデータ活用したCAD応用技術を武器に顧客の製造、開発効率化需要開拓。昨年10月に買収したシステムプラネット社をテコに九州地区強化。

(ドントコメント)3次元CADシステム好調で、7/27発表の1Q経常は前期比37.7増、通期予想進捗率は3.15%と成った、
8/10買3860円。8/13買3780円。9/19半売4855円。9/26売4990円。10/5買4740円。10/12買4500円。

--------------------------------------
■4712キーホルダー(2018/10/10選定)
(今期予想PER--、PBR1.55、利回0.83、自己資本比率58.5)

四季報:
【特色】建て売りの不動産が柱。番組制作やライブ進出。Jトラスト子会社。ゲームセンター事業は撤退
【連結事業】総合エンターテインメント54(2)、不動産38(9)、商業施設建築7(3)、店舗サブリース1(18)、他0(-27) <18・3>
【堅 調】IFRS移行。ゲーム運営撤退で大幅減収だが、事業譲受の番組制作が通期寄与。一戸建てや賃貸収入軸の不動産は一部引き渡し遅れるが、通期で影響軽微。ライブ事業など新規事業の先行費用吸収。
【特別顧問】秋元康氏が特別顧問に就任。同氏らに行使価格125円で新株予約権(最大40億円調達)、合弁会社も設立。ライブ事業のソフト企画やタレント育成担う。

10/6プレスリリース
http://www.keyholder.co.jp/dl/20181006_KeyStudio_Press_%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB.pdf?s.5bb7378246b26497lb72

同社特別顧問に就任し、新株予約権も引き受けた、秋元康氏プロデュースのラストアイドルが、Keystudioで「10/16より定期ライブ開始」のプレスリリースと、日柄と値幅の調整を完了しているチャート、貸借倍率3.07などから観て、そろそろ動き始めそう?
10/9買117+116円。

--------------------------------------
■9307杉村倉庫(1/24選定)(アイスコーヒーさん11/6ご紹介の大ヒット銘柄)
(予想PER37.98、PBR2.67、利回0.35、自己資本比率45.4)

四季報:
【特色】関西倉庫業の老舗、流通加工や運送も。不動産賃貸、ゴルフ練習場など併営。野村HDグループ
【連結事業】物流85(6)、不動産13(74)、他3(22) <17・3>
【営業減益】物流は機械等の新規客貢献。ただ既存客の契約終了響く。オフィス移転が反動減。不動産は賃料値下げで微減。前期稼働の新倉庫の固定資産税や償却重い。営業減益続く。減損特損の一方で株売却益。19年3月期は新倉庫を営業努力で埋める。
【S&B】老朽化した大阪港倉庫を一部解体、賃借の土地は返却へ。新設した福崎倉庫は収益性確保と顧客獲得の両立目指す。

(ドントコメント)
業績と株価指標では買えないが、IRカジノと大阪万博関連で人気化。悪名高いN村グループだし、S高→S安で外様機関との仕手戦化を期待し、押目狙い銘柄に選定。
12/5買1065円。12/19売1310円。12/20買1084円。1/22売3600円。1/24買(1830+1764円)。1/26逆LC1830円。2/5買1322円。2/6売1248円、買1140円。2/7売1229円。2/8買1180円。2/9買1075円。2/13売1200円。2/14買1050円。3/5売1166円。3/6買1120円。3/19売1125円、買1085円。3/26買995円。4/4半分売1345円(回転用)。4/6買戻し1140円。4/11逆LC1145円。4/12買1118円。5/9買1093円。5/15逆LC1080円。5/18買1048円。6/26買1001円。7/5売1013円(回転用)。7/6買952円。8/6半分売986円(回転用)。8/7買956円。8/9半分逆LC946円(回転用)。8/14買829円。8/20逆LC831円、買813円。8/28半売975円(回転用)。9/12逆LC860円。9/14買836円。

--------------------------------------
■6294オカダアイヨン(4/24選定)
(今期予想PER16.40、PBR1.33、利回1.63、自己資本比率41.0)

四季報:
【特色】破砕・解体用建機メーカー。環境機械の仕入れ販売も。米国に販売子会社。アジア開拓進める
【連結事業】建設機械86、環境機械14【海外】16 <17・3>
【好 調】主力の圧砕機、油圧ブレーカーとも伸長。環境機械は納期ずれ込みで反落だが、営業益好伸。19年3月期は17年10月買収の南星グループ通期寄与。圧砕機、油圧とも内外需要好調。納入先破綻関連特損一巡。
【海外強化】欧州向け圧砕機は現地仕様製品投入で拡販、米国向けもテキサス支店営業が本格化。3月公募資金は借入金返済、営業所兼工場の改修や移転・新設に充当。

(ドントコメント)
主力の圧砕機は再開発・耐震建替需要が堅調。
勉強会で4/23にご紹介。日足平衡収斂後の反騰を、じっくり待ちたい。
4/23買1441円。5/8半分売(回転用)1605円。5/10買戻し1564円。5/14売1583円、買1495円。5/18半分売1772円。5/24売1712円。5/25買1640円。5/29売1657円、買1586円。6/6半売1770円。6/19売1680円。6/21買1637円。7/2売1692円。7/6買1500円。7/30売1700円。8/7買1630円。9/20半売1829円。10/9売1786円、買1728円。


--------------------------------------
■6294オカダアイヨン(4/24選定)
(今期予想PER16.40、PBR1.33、利回1.63、自己資本比率41.0)

四季報:
【特色】破砕・解体用建機メーカー。環境機械の仕入れ販売も。米国に販売子会社。アジア開拓進める
【連結事業】建設機械86、環境機械14【海外】16 <17・3>
【好 調】主力の圧砕機、油圧ブレーカーとも伸長。環境機械は納期ずれ込みで反落だが、営業益好伸。19年3月期は17年10月買収の南星グループ通期寄与。圧砕機、油圧とも内外需要好調。納入先破綻関連特損一巡。
【海外強化】欧州向け圧砕機は現地仕様製品投入で拡販、米国向けもテキサス支店営業が本格化。3月公募資金は借入金返済、営業所兼工場の改修や移転・新設に充当。

(ドントコメント)
主力の圧砕機は再開発・耐震建替需要が堅調。
勉強会で4/23にご紹介。日足平衡収斂後の反騰を、じっくり待ちたい。
4/23買1441円。5/8半分売(回転用)1605円。5/10買戻し1564円。5/14売1583円、買1495円。5/18半分売1772円。5/24売1712円。5/25買1640円。5/29売1657円、買1586円。6/6半売1770円。6/19売1680円。6/21買1637円。7/2売1692円。7/6買1500円。7/30売1700円。8/7買1630円。9/20半売1829円。

--------------
■6432竹内製作所(旧・押目狙い銘柄、4/10復活選定)
(予想PER13.08、PBR1.75、利回1.53、自己資本比率74.1、有利子負債0)

四季報:
【特色】ミニショベル主体の建機中堅、クローラーローダーを世界初開発、海外販売比率高くシェア上位
【連結事業】建設機械99、他1【海外】97 <17・2>
【底打ち】19年2月期はミニショベルなど建機販売が国内で増加。海外も米国住宅建設需要の年初からの回復傾向を受け建機引き合い上向く。欧州も拡大。物流費や開発費が高止まりでも営業益底打ち。増配も。
【お家芸】クローラーローダーで3・5tの最軽量車両投入、遠隔地での管理や位置把握など取り入れ高付加価値化。17年投入の15t級油圧ショベルと合わせ市場深耕。

(ドントコメント)
高値から調整して、再度25日線に復帰し、日足(5-25MA)平衡収斂も終えて再上昇可能に成った、割安・好財務銘柄。
3/26買2151円。4/11売2624円。4/13半分買戻し@2438円。4/18全買戻し2415円。5/22半売2760円。5/24全売2667円。5/25買2550円。5/30買2415円。6/15売2473円。6/20買2240円。7/5売2253円。7/6買2230円。7/10半分売2421円。7/11全売2572円。8/16買2500円。8/28売@2770円。8/29買2717円。9/19半売3020円。9/20売3100円。10/12買2454円。

--------------------------------------
■6639コンテック(5/22選定)
(予想PER13.80、PBR1.63、利回1.52、自己資本比率43.8)

四季報:
【特色】産業用パソコン大手。周辺機器や無線LAN機器等展開。親会社ダイフク向けEMSは縮小方針
【連結事業】電子機器100【海外】27 <17・3>
【伸 長】柱の産業用コンピュータは大口受注剥落。ただ親会社向け半導体関連EMS想定超で前号比増額。19年3月期は好採算の半導体向け続伸。産業用コンピュータは工場自動化関連に本腰。連続増配も。
【IoT】17年秋投入のファナック製工作機械管理ソフト対応機器はじめ、生産設備IoT化関連製品を拡充。北米新事務所は現地で需要増の工場自動化対応製品開発。

-----
コスト競争力を向上させ、人手不足に備えるには、生産設備IoT化を急ぐ必要が有り、同社は流れに乗れるかと?
5/21寄り買2219円。5/24逆LC2259円、買2175円。5/30売2240円、買2164円。5/31買2100円。6/19半分売2497円。6/20買2340円。6/21半分売2523円。6/25売2440円。6/26買2190円。7/3売2265円、買2145円。7/5買2072円。8/13売2360円。8/14買2259円。 8/21買2020円。      
 
 

注目銘柄に付いて

 投稿者:ドント  投稿日:2018年 9月18日(火)21時17分45秒
返信・引用 編集済
  業績、材料性、成長性などに優れる参考銘柄を、管理人の独断と偏見で選定・・・勿論売買は自己責任で、損しても知りません!
(調整中の銘柄は順次入れ替えます)

--------------------------------------
☆☆☆ 9/12復活選定 ☆☆☆
■7745A&D
(今期予想PER8.98、PBR1.13、利回り1.37、自己資本比率33.6)

四季報:
【特色】産業、医療用の計量・計測機器メーカー。自動車開発などに用いるDSP演算処理装置を拡大中
【連結事業】計測・計量機器60(5)、医療・健康機器40(7)【海外】51 <18・3>
【連続増益】計量機器は電子天秤が拡大、ラボラトリー機器も伸長。DSPは自動車EV化に伴いタイヤ試験機など好調持続。健康機器はロシア、米国などで順調。材料費高騰、価格競争などをこなし営業増益続く。
【新中計】20年度営業益49億円目標、売れる仕組みづくり構築、グローバル管理体制強化等実施。6月22日まで電子ビームのホロン株公開買い付け、51%取得し子会社化。

*管理人コメント*
2014年の旧「注目銘柄」ですが、日足(5-25MA)GC後の平衡収斂で、反転上昇の目が出て来たかな?

堅実な計測器メーカーで値動きは地味だけど、上期の経常利益を従来予想の0.2億円→1.5億円に7.5倍上方修正し、減益率が94.5%減→58.4%減に縮小する見通しで、通期上方に少し期待も?
9/10買870円。9/26半売1026円。10/2売1053円。10/5買979円。10/9売980円、買945円。10/19買868円。

----------------------------------------
☆☆☆ 6/13選定 ☆☆☆
■8925アルデプロ

四季報:
【特色】収益ビル・マンションの仕入れ販売を手掛ける。権利調整に強み。事業再生ADRを経て復調
【連結事業】不動産再活97(15)、不動産賃貸収益等3(57) <16・7>
【急拡大】単体決算。利益率高い権利調整案件が前期に引き続き牽引、特に銀座など100億円超える案件が下期、大きく貢献。ビルやマンションの再生も着実に伸びる。営業益急拡大。10期ぶり最高益。増配余地。
【収益安定化】賃料収入増へ中期保有の在庫を増やしたい意向。大型案件増を見据え、さらなる資金調達先の確保も課題。従来の信金等のほか、大手銀行との取引目指す。

*管理人コメント*
12/15に147円利確の回転玉は12/16に118円買戻し。12/22の131円売り玉は12/25寄り115円買戻し。12/29DC確認の118円LC分は1/5に108円買戻し。1/12窓埋め記念105円買い。1/14買い100円。1/18買い97円。1/20引け成り93円買い。2/1回転部隊124円利確。2/3買戻し108円。2/5回転玉103円~100円仕込み。2/9の97円~2/12押目買い92円。3/7引け成り121円利確分と、3/8の119円と120円利確回転玉は114円以下で子株増殖買戻しを継続。3/9の111円まで買戻し。3/17寄り130円売り、119円~114円買い回転。3/24売り指し127円約定、買戻し125円。4/5逆指しLC122円。4/6買116円。4/18買@113.7円。4/26寄売125円、引買119円。4/27買118円。4/28買117円。5/2買116円。5/18買114円。6/2買112円。6/7買108円。6/14引買106円。6/16売109円、買99円。6/24売108円、買95円。6/30売118円玉は110円買戻し。7/6買108円。8/31買107円。10/11買106円。11/7逆指LC107円、買102円。12/12回転部隊は一旦138円利確、5MAタッチ待ち。12/13回転部隊は128円買戻し。12/15買増し126円。12/28売169円、引成買159円。12/29回転玉追加151円買。1/10売162円、買157円。1/11回転玉追加152円。1/16追加買149円。1/17買142円。1/24買139円。3/9回転玉174円売168円買。3/15回転玉売171円、買161円。3/16買159円。3/17PTS買138円。3/21買140円。3/23回転玉逆指しLC143円、引け買戻し135円。4/6買134、133円。4/12逆LC134円、買131円と129円。4/13買125円。4/17買123円。6/13回転玉仕込み138円。6/14回転玉売146円。6/15買137円。8/1買133円。8/2売136円。8/3買107円。9/1売137円。9/5買116、114円。10/30買105円。11/13買95円。11/14買93円。11/15買89円。11/17買88円。12/25買87円。12/26買84円。2/5買82円。2/6買77円。2/15買73円。3/23買71円。4/5買69円。4/6買65円。4/11買62円。4/18買55円。5/8半分売(回転用)72円。5/10買65円64円。5/15買61円。6/4買57円。7/31買44円。8/6逆LC44円、買41円。8/13売41円、買39円。9/28半売60円、買54円。10/1半売54円、買52円。10/2半売54円、買51円。10/3半売52円、買49円。10/4半売58円、買49円。10/10半売76円、買66円。

-------------------------------------
☆☆☆ 4/16選定 ☆☆☆
■3641パピレス
(今期予想PER17.21、PBR3.98、利回0.25、自己資本比率59.8、有利子負債0)

四季報:
【特色】95年富士通の社外ベンチャーとして出発。電子書籍販売、配信の先駆者。07年から電子貸本展開
【連結事業】電子書籍販売100 <17・3>
【最高益】テレビCMなど販促奏功。『タテコミ』中心にサービス拡充。ただ海外向けコンテンツ翻訳など先行投資負担重い。前号より営業増益幅縮小。19年3月期はサービス拡充継続し国内堅調。前期強化の英語、中国語翻訳増で海外も好調。営業益拡大。
【中国語圏】18年3月中国向け事業展開にらみ香港に子会社設立。『タテコミ』にアニメーション効果付加した新サービス開始。

(ドントコメント)
4期連続増収増益、好財務。押目は拾えるのでは?
4/16買2010円。4/17買1936円。5/8半分売(回転用)2240円。5/9買戻し2180円。5/10逆LC2164円、買2054円。5/15買1771円。6/14売1969円。6/20買1730円。7/6売1765円。7/9買1735円。7/30半分売1987円。8/13半分売2500円。8/14売2645円。8/16買2600円。8/20売2700円。8/27買2590円。8/28売@2717円。8/30買@2512円。10/2売2794円。10/3買@2717円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 4/23選定 ☆☆☆
■6638ミマキエンジニアリング
(今期予想PER15.76、PBR1.45、利回1.49、自己資本比率33.0)

四季報:
【特色】広告・看板向けインクジェット(IJ)プリンタで世界首位級。家電向け等産業用途開拓に重点
【連結事業】SG市場向け43、IP市場向け34、TA市場向け12、他11【海外】74 <17・3>
【増益続く】広告・看板向けはUVインク使用の新製品がまず欧州、続いて国内で好調。営業増益。19年3月期はUVインク使用機種が米国でも一段と本格化。製品保証引当金の負担も軽減。営業益の伸び続く。
【布 陣】17年11月発売のUVインク使用機は小型機では世界初で需要旺盛。国内外インク生産拠点を改組。3月着工予定だった鞍掛工場(東御市)も構想練り直す。

(ドントコメント)
4/12に18.3期経常益予想を15.0%上方修正し、増益率が14.5%増→31.7%増に拡大する見通し。
チャートも整いつつあり、押目は拾いたい。4/20買@813円。5/2半分売880円(回転用)。5/8全売(押目買い戻し用)904円。5/11買883円。5/14買850円。5/24売907円、買873円。6/18売910円。7/6買778円。
7/24半分売917円。7/25全売920円。7/26買902円。7/30売946円。8/7買906円。8/28半売@1071円。9/10買1011円。9/14半売1122円。9/18売1156円。9/20買1095円。9/26半売1161円。10/2売1210円。10/4買1189円。10/9売1233円。10/12買1100円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 2018年9/18選定 ☆☆☆
■4779ソフトブレーン
(今期予想PER17.73、PBR3.35、利回1.76、自己資本比率64.2)

四季報:
【特色】営業支援システムと店頭販促代行が2本柱。市場内の株取得でスカラ傘下に。宋文洲氏が創業
【連結事業】eセールスマネージャー関連51(17)、フィールドマーケティング39(7)、システム開発6(-5)、出版4(6) <17・12>
【最高益】営業支援システムは大型案件貢献。店頭販促は新規スポット案件が数量拡大。人件費増や本社移転費用等吸収し営業益反発。最高益更新。増配。19年12月期も営業支援システム新規受注で営業益続伸。
【データ販売】提携先拡大により商品購入理由など蓄積するデータベース充実、メーカーほかに分析データ販売強化。システム操作ガイドなど強化し顧客の利便性向上。

(ドントコメント)
7/30発表の2018.12期第2四半期連結決算で、
売上高は前同期比9.8%増の43.28億円、経常利益は6.6%増の4.64億円となったが「成長に向けての従業員数増加やオフィス移転等の先行投資により」四半期純利益が0.8%減の2.87億円となったことから、7/31はS安を着けている。

しかし、18年12月通期の連結業績予想については、売上高が前期比10.0%増の89.00億円、営業利益が同21.1%増の11.50億円、経常利益が同20.7%増の11.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同17.8%増の7.50億円とする期初計画を据え置いているので、下期業績の見直し買いに期待したい。

日足(5-25MA)チャートはGC後の平衡収斂を終え、週足も5週線上に復帰し、反騰準備OKかな?
9/18買448円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 6/26選定 ☆☆☆
■1721コムシス
(予想PER17.51、PBR1.45、利回2.06、自己資本比率70.1)

四季報:
【特色】電気通信工事で最大手。ネットワーク構築に強み。NTT系が売上高の5割強。社会システムも
【連結事業】日本コムシスG65(8)、サンワコムシスG14(8)、TOSYSG6(5)、つうけんG13(6)、コムシス情報システムG2(9) <18・3>
【続 伸】NTT向けは固定系が漸減、ドコモも前倒しの反動減。ただ、期ずれした太陽光関連やバイオマス案件が牽引し営業益続伸。会社計画は下期の3社統合効果を未反映。通期配当も60円配に上乗せ公算。
【3社統合】西日本の同業を株式交換で経営統合。機動的な要員配置目指す。自己株計1626万株余を交付。同時に期末までに200万株、50億円上限の自己株取得枠。

(ドントコメント)
米中貿易戦争の拡大懸念から、全体相場は軟調な展開が予想されるので、市場の物色は貿易関連から内需関連へ向かう?
国内通信工事トップのコムシスは、次世代通信規格である「5G(第5世代移動通信システム)」関連で、今後の受注拡大が期待されるので、押目は拾いたい銘柄。
6/26買2872円。7/2逆LC2902円、買2815円。7/3逆LC2809円、買2724円。8/13売2899円。8/14買2844円。9/19半売3280円。10/2売3395円。10/4買3230円。
 

注目銘柄に付いて

 投稿者:ドント  投稿日:2018年 9月12日(水)18時19分12秒
返信・引用 編集済
  業績、材料性、成長性などに優れる参考銘柄を、管理人の独断と偏見で選定・・・勿論売買は自己責任で、損しても知りません!
(調整中の銘柄は順次入れ替えます)

--------------------------------------
☆☆☆ 9/12復活選定 ☆☆☆
■7745A&D
(今期予想PER8.98、PBR1.13、利回り1.37、自己資本比率33.6)

四季報:
【特色】産業、医療用の計量・計測機器メーカー。自動車開発などに用いるDSP演算処理装置を拡大中
【連結事業】計測・計量機器60(5)、医療・健康機器40(7)【海外】51 <18・3>
【連続増益】計量機器は電子天秤が拡大、ラボラトリー機器も伸長。DSPは自動車EV化に伴いタイヤ試験機など好調持続。健康機器はロシア、米国などで順調。材料費高騰、価格競争などをこなし営業増益続く。
【新中計】20年度営業益49億円目標、売れる仕組みづくり構築、グローバル管理体制強化等実施。6月22日まで電子ビームのホロン株公開買い付け、51%取得し子会社化。

*管理人コメント*
2014年の旧「注目銘柄」ですが、日足(5-25MA)GC後の平衡収斂で、反転上昇の目が出て来たかな?

堅実な計測器メーカーで値動きは地味だけど、上期の経常利益を従来予想の0.2億円→1.5億円に7.5倍上方修正し、減益率が94.5%減→58.4%減に縮小する見通しで、通期上方に少し期待も?
9/10買870円。

----------------------------------------
☆☆☆ 6/13選定 ☆☆☆
■8925アルデプロ

四季報:
【特色】収益ビル・マンションの仕入れ販売を手掛ける。権利調整に強み。事業再生ADRを経て復調
【連結事業】不動産再活97(15)、不動産賃貸収益等3(57) <16・7>
【急拡大】単体決算。利益率高い権利調整案件が前期に引き続き牽引、特に銀座など100億円超える案件が下期、大きく貢献。ビルやマンションの再生も着実に伸びる。営業益急拡大。10期ぶり最高益。増配余地。
【収益安定化】賃料収入増へ中期保有の在庫を増やしたい意向。大型案件増を見据え、さらなる資金調達先の確保も課題。従来の信金等のほか、大手銀行との取引目指す。

*管理人コメント*
12/15に147円利確の回転玉は12/16に118円買戻し。12/22の131円売り玉は12/25寄り115円買戻し。12/29DC確認の118円LC分は1/5に108円買戻し。1/12窓埋め記念105円買い。1/14買い100円。1/18買い97円。1/20引け成り93円買い。2/1回転部隊124円利確。2/3買戻し108円。2/5回転玉103円~100円仕込み。2/9の97円~2/12押目買い92円。3/7引け成り121円利確分と、3/8の119円と120円利確回転玉は114円以下で子株増殖買戻しを継続。3/9の111円まで買戻し。3/17寄り130円売り、119円~114円買い回転。3/24売り指し127円約定、買戻し125円。4/5逆指しLC122円。4/6買116円。4/18買@113.7円。4/26寄売125円、引買119円。4/27買118円。4/28買117円。5/2買116円。5/18買114円。6/2買112円。6/7買108円。6/14引買106円。6/16売109円、買99円。6/24売108円、買95円。6/30売118円玉は110円買戻し。7/6買108円。8/31買107円。10/11買106円。11/7逆指LC107円、買102円。12/12回転部隊は一旦138円利確、5MAタッチ待ち。12/13回転部隊は128円買戻し。12/15買増し126円。12/28売169円、引成買159円。12/29回転玉追加151円買。1/10売162円、買157円。1/11回転玉追加152円。1/16追加買149円。1/17買142円。1/24買139円。3/9回転玉174円売168円買。3/15回転玉売171円、買161円。3/16買159円。3/17PTS買138円。3/21買140円。3/23回転玉逆指しLC143円、引け買戻し135円。4/6買134、133円。4/12逆LC134円、買131円と129円。4/13買125円。4/17買123円。6/13回転玉仕込み138円。6/14回転玉売146円。6/15買137円。8/1買133円。8/2売136円。8/3買107円。9/1売137円。9/5買116、114円。10/30買105円。11/13買95円。11/14買93円。11/15買89円。11/17買88円。12/25買87円。12/26買84円。2/5買82円。2/6買77円。2/15買73円。3/23買71円。4/5買69円。4/6買65円。4/11買62円。4/18買55円。5/8半分売(回転用)72円。5/10買65円64円。5/15買61円。6/4買57円。7/31買44円。8/6逆LC44円、買41円。8/13売41円、買39円。

-------------------------------------
☆☆☆ 4/16選定 ☆☆☆
■3641パピレス
(今期予想PER17.21、PBR3.98、利回0.25、自己資本比率59.8、有利子負債0)

四季報:
【特色】95年富士通の社外ベンチャーとして出発。電子書籍販売、配信の先駆者。07年から電子貸本展開
【連結事業】電子書籍販売100 <17・3>
【最高益】テレビCMなど販促奏功。『タテコミ』中心にサービス拡充。ただ海外向けコンテンツ翻訳など先行投資負担重い。前号より営業増益幅縮小。19年3月期はサービス拡充継続し国内堅調。前期強化の英語、中国語翻訳増で海外も好調。営業益拡大。
【中国語圏】18年3月中国向け事業展開にらみ香港に子会社設立。『タテコミ』にアニメーション効果付加した新サービス開始。

(ドントコメント)
4期連続増収増益、好財務。押目は拾えるのでは?
4/16買2010円。4/17買1936円。5/8半分売(回転用)2240円。5/9買戻し2180円。5/10逆LC2164円、買2054円。5/15買1771円。6/14売1969円。6/20買1730円。7/6売1765円。7/9買1735円。7/30半分売1987円。8/13半分売2500円。8/14売2645円。8/16買2600円。8/20売2700円。8/27買2590円。8/28売@2717円。8/30買@2512円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 4/23選定 ☆☆☆
■6638ミマキエンジニアリング
(今期予想PER15.76、PBR1.45、利回1.49、自己資本比率33.0)

四季報:
【特色】広告・看板向けインクジェット(IJ)プリンタで世界首位級。家電向け等産業用途開拓に重点
【連結事業】SG市場向け43、IP市場向け34、TA市場向け12、他11【海外】74 <17・3>
【増益続く】広告・看板向けはUVインク使用の新製品がまず欧州、続いて国内で好調。営業増益。19年3月期はUVインク使用機種が米国でも一段と本格化。製品保証引当金の負担も軽減。営業益の伸び続く。
【布 陣】17年11月発売のUVインク使用機は小型機では世界初で需要旺盛。国内外インク生産拠点を改組。3月着工予定だった鞍掛工場(東御市)も構想練り直す。

(ドントコメント)
4/12に18.3期経常益予想を15.0%上方修正し、増益率が14.5%増→31.7%増に拡大する見通し。
チャートも整いつつあり、押目は拾いたい。4/20買@813円。5/2半分売880円(回転用)。5/8全売(押目買い戻し用)904円。5/11買883円。5/14買850円。5/24売907円、買873円。6/18売910円。7/6買778円。
7/24半分売917円。7/25全売920円。7/26買902円。7/30売946円。8/7買906円。8/28半売@1071円。9/10買1011円。9/14半売1122円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 8/3復活選定 ☆☆☆
■6777SANTEC
(今期予想PER15.79、PBR1.05、利回1.99、自己資本比率87.1、有利子負債0)

四季報:
【特色】光通信用部品と光測定器が2本柱。光部品で波長モニターなど独自製品多い。OCT拡大狙う
【連結事業】光部品関連35(10)、光測定器関連53(18)、システム・ソリューション11(10)【海外】60 <18・3>
【足踏み】光測定器は工場ラインの外観検査や製品の膜厚検査中心に国内外の産業向け販売着実。ただ、光部品が5Gへの移行控えた在庫調整続き、米国の通信関連向け回復力弱い。営業益横ばい圏。税効果。
【小型化】通信向け光部品は小型、複合機能化の新製品開発中、早ければ今期中にも市場投入へ。光測定器は需要家の生産技術改善提案するソリューション営業に本腰。

(ドントコメント)
1Q決算の前期比減益で調整していたが、日足(5-25MA)GCから、短期リバウンドも?
8/3買723円。8/10売927円。8/16買843円。8/24半売969円。8/27全売970円。9/10買811円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 6/26選定 ☆☆☆
■1721コムシス
(予想PER17.51、PBR1.45、利回2.06、自己資本比率70.1)

四季報:
【特色】電気通信工事で最大手。ネットワーク構築に強み。NTT系が売上高の5割強。社会システムも
【連結事業】日本コムシスG65(8)、サンワコムシスG14(8)、TOSYSG6(5)、つうけんG13(6)、コムシス情報システムG2(9) <18・3>
【続 伸】NTT向けは固定系が漸減、ドコモも前倒しの反動減。ただ、期ずれした太陽光関連やバイオマス案件が牽引し営業益続伸。会社計画は下期の3社統合効果を未反映。通期配当も60円配に上乗せ公算。
【3社統合】西日本の同業を株式交換で経営統合。機動的な要員配置目指す。自己株計1626万株余を交付。同時に期末までに200万株、50億円上限の自己株取得枠。

(ドントコメント)
米中貿易戦争の拡大懸念から、全体相場は軟調な展開が予想されるので、市場の物色は貿易関連から内需関連へ向かう?
国内通信工事トップのコムシスは、次世代通信規格である「5G(第5世代移動通信システム)」関連で、今後の受注拡大が期待されるので、押目は拾いたい銘柄。
6/26買2872円。7/2逆LC2902円、買2815円。7/3逆LC2809円、買2724円。8/13売2899円。8/14買2844円。  
 

押目狙い銘柄に付いて

 投稿者:ドント  投稿日:2018年 8月14日(火)18時08分44秒
返信・引用 編集済
  押目を拾いたい銘柄を、管理人独善で選定・・・損しても知りません!
(調整中の銘柄は順次入れ替えます)

--------------------------------------
■7595アルゴグラフィックス(2018/8/14選定)
(今期予想PER16.51、PBR1.72、利回2.01、自己資本比率64.5、有利子負債75)

四季報:
特色】CADシステム販売、保守サービス主柱、自動車向け半分。CAE育成中。SCSKと資本提携
【連結事業】PLM95(9)、EDA5(6) <18・3>
【連続最高益】主力のCADシステムは自動車業界の開発投資や半導体業界の生産能力増強投資など活況受け拡大。2次元CADシステムなど子会社群も着実。人件費増をこなす。連続で最高純益更新、増配。
【開 拓】3次元CADのデータ活用したCAD応用技術を武器に顧客の製造、開発効率化需要開拓。昨年10月に買収したシステムプラネット社をテコに九州地区強化。

(ドントコメント)3次元CADシステム好調で、7/27発表の1Q経常は前期比37.7増、通期予想進捗率は3.15%と成った、
8/10買3860円。8/13買3780円。9/19半売4855円。9/26売4990円。10/5買4740円。

--------------------------------------
■9422コネクシオ(2018/8/14選定)
(今期予想PER13.89、PBR2.47、利回2.84、自己資本比率37.9、有利子負債0)

四季報:
【特色】国内2位の携帯販社。パナソニック系を吸収し国内首位のドコモ販売店に。配当性向40%メド
【単独事業】コンシューマ93(5)、法人7(8) <18・3>
【高水準】携帯は個人向け販売の台数軟調も価格見直しで採算改善。法人向けは携帯ヘルプデスクの赤字幅縮小だが、前期後半に料率下がったプリペイドカード販売の減少が痛手。営業益横ばい。記念配剥落。
【法人拡大】企業のモバイル活用促すアプリ、セキュリティ、システムのサービスを統合し総合的な提案で需要取り込み狙う。省人化へIT導入進め生産性向上目指す。

(ドントコメント)米中貿易戦争懸念で、内需の安定・割安・好財務・高利回り銘柄へ?
値動きは緩慢だが、7/27発表の1Q経常は前期比17.2%増で、通期予想進捗率は16.3%と成った。
8/14買2049円。8/23買2019円。9/12売2051円。9/14買1982円。10/9売2014円。

--------------------------------------
■9307杉村倉庫(1/24選定)(アイスコーヒーさん11/6ご紹介の大ヒット銘柄)
(予想PER37.98、PBR2.67、利回0.35、自己資本比率45.4)

四季報:
【特色】関西倉庫業の老舗、流通加工や運送も。不動産賃貸、ゴルフ練習場など併営。野村HDグループ
【連結事業】物流85(6)、不動産13(74)、他3(22) <17・3>
【営業減益】物流は機械等の新規客貢献。ただ既存客の契約終了響く。オフィス移転が反動減。不動産は賃料値下げで微減。前期稼働の新倉庫の固定資産税や償却重い。営業減益続く。減損特損の一方で株売却益。19年3月期は新倉庫を営業努力で埋める。
【S&B】老朽化した大阪港倉庫を一部解体、賃借の土地は返却へ。新設した福崎倉庫は収益性確保と顧客獲得の両立目指す。

(ドントコメント)
業績と株価指標では買えないが、IRカジノと大阪万博関連で人気化。悪名高いN村グループだし、S高→S安で外様機関との仕手戦化を期待し、押目狙い銘柄に選定。
12/5買1065円。12/19売1310円。12/20買1084円。1/22売3600円。1/24買(1830+1764円)。1/26逆LC1830円。2/5買1322円。2/6売1248円、買1140円。2/7売1229円。2/8買1180円。2/9買1075円。2/13売1200円。2/14買1050円。3/5売1166円。3/6買1120円。3/19売1125円、買1085円。3/26買995円。4/4半分売1345円(回転用)。4/6買戻し1140円。4/11逆LC1145円。4/12買1118円。5/9買1093円。5/15逆LC1080円。5/18買1048円。6/26買1001円。7/5売1013円(回転用)。7/6買952円。8/6半分売986円(回転用)。8/7買956円。8/9半分逆LC946円(回転用)。8/14買829円。8/20逆LC831円、買813円。8/28半売975円(回転用)。9/12逆LC860円。9/14買836円。

--------------------------------------
■6294オカダアイヨン(4/24選定)
(今期予想PER16.40、PBR1.33、利回1.63、自己資本比率41.0)

四季報:
【特色】破砕・解体用建機メーカー。環境機械の仕入れ販売も。米国に販売子会社。アジア開拓進める
【連結事業】建設機械86、環境機械14【海外】16 <17・3>
【好 調】主力の圧砕機、油圧ブレーカーとも伸長。環境機械は納期ずれ込みで反落だが、営業益好伸。19年3月期は17年10月買収の南星グループ通期寄与。圧砕機、油圧とも内外需要好調。納入先破綻関連特損一巡。
【海外強化】欧州向け圧砕機は現地仕様製品投入で拡販、米国向けもテキサス支店営業が本格化。3月公募資金は借入金返済、営業所兼工場の改修や移転・新設に充当。

(ドントコメント)
主力の圧砕機は再開発・耐震建替需要が堅調。
勉強会で4/23にご紹介。日足平衡収斂後の反騰を、じっくり待ちたい。
4/23買1441円。5/8半分売(回転用)1605円。5/10買戻し1564円。5/14売1583円、買1495円。5/18半分売1772円。5/24売1712円。5/25買1640円。5/29売1657円、買1586円。6/6半売1770円。6/19売1680円。6/21買1637円。7/2売1692円。7/6買1500円。7/30売1700円。8/7買1630円。9/20半売1829円。

--------------
■6432竹内製作所(旧・押目狙い銘柄、4/10復活選定)
(予想PER13.08、PBR1.75、利回1.53、自己資本比率74.1、有利子負債0)

四季報:
【特色】ミニショベル主体の建機中堅、クローラーローダーを世界初開発、海外販売比率高くシェア上位
【連結事業】建設機械99、他1【海外】97 <17・2>
【底打ち】19年2月期はミニショベルなど建機販売が国内で増加。海外も米国住宅建設需要の年初からの回復傾向を受け建機引き合い上向く。欧州も拡大。物流費や開発費が高止まりでも営業益底打ち。増配も。
【お家芸】クローラーローダーで3・5tの最軽量車両投入、遠隔地での管理や位置把握など取り入れ高付加価値化。17年投入の15t級油圧ショベルと合わせ市場深耕。

(ドントコメント)
高値から調整して、再度25日線に復帰し、日足(5-25MA)平衡収斂も終えて再上昇可能に成った、割安・好財務銘柄。
3/26買2151円。4/11売2624円。4/13半分買戻し@2438円。4/18全買戻し2415円。5/22半売2760円。5/24全売2667円。5/25買2550円。5/30買2415円。6/15売2473円。6/20買2240円。7/5売2253円。7/6買2230円。7/10半分売2421円。7/11全売2572円。8/16買2500円。8/28売@2770円。8/29買2717円。9/19半売3020円。9/20売3100円。

--------------------------------------
■6639コンテック(5/22選定)
(予想PER13.80、PBR1.63、利回1.52、自己資本比率43.8)

四季報:
【特色】産業用パソコン大手。周辺機器や無線LAN機器等展開。親会社ダイフク向けEMSは縮小方針
【連結事業】電子機器100【海外】27 <17・3>
【伸 長】柱の産業用コンピュータは大口受注剥落。ただ親会社向け半導体関連EMS想定超で前号比増額。19年3月期は好採算の半導体向け続伸。産業用コンピュータは工場自動化関連に本腰。連続増配も。
【IoT】17年秋投入のファナック製工作機械管理ソフト対応機器はじめ、生産設備IoT化関連製品を拡充。北米新事務所は現地で需要増の工場自動化対応製品開発。

-----
コスト競争力を向上させ、人手不足に備えるには、生産設備IoT化を急ぐ必要が有り、同社は流れに乗れるかと?
5/21寄り買2219円。5/24逆LC2259円、買2175円。5/30売2240円、買2164円。5/31買2100円。6/19半分売2497円。6/20買2340円。6/21半分売2523円。6/25売2440円。6/26買2190円。7/3売2265円、買2145円。7/5買2072円。8/13売2360円。8/14買2259円。 8/21買2020円。    
 

注目銘柄に付いて

 投稿者:ドント  投稿日:2018年 8月 3日(金)15時55分32秒
返信・引用 編集済
  業績、材料性、成長性などに優れる参考銘柄を、管理人の独断と偏見で選定・・・勿論売買は自己責任で、損しても知りません!
(調整中の銘柄は順次入れ替えます)

--------------------------------------
☆☆☆ 8/3復活選定 ☆☆☆
■7277ヤマハ発動機
(今期予想PER9.71、PBR1.65、利回り3.06、自己資本比率44.1)

四季報:
【特色】楽器のヤマハから発祥。2輪で世界大手、東南アジアが主市場。稼ぎ頭はマリン。トヨタと提携
【連結事業】二輪車63(7)、マリン19(18)、特機9(-1)、産業用機械・ロボット4(23)、他5(9)【海外】90 <17・12>
【最高益】先進国2輪は赤字続く。が、柱の新興国2輪がインドネシアでの高価格帯モデル軸に拡大。好採算のマリン着実増。マウンターやロボットも受注活況。償却負担、開発費増こなし連続増益。連続増配。
【攻 勢】マリンは北米で船外機の大型化顕著。国内もブランド向上へ約1・5億円の最高級ボートを6月発売。先進国2輪は欧州での工場再編による採算改善検討。

*管理人コメント*
旧「注目銘柄」ですが、またチャート妙味が出て来たかな?
8/2買2919円。8/8半分逆LC2983円(回転用)。8/9買2800円。8/13逆LC2800円、買2760円。

----------------------------------------
☆☆☆ 6/13選定 ☆☆☆
■8925アルデプロ

四季報:
【特色】収益ビル・マンションの仕入れ販売を手掛ける。権利調整に強み。事業再生ADRを経て復調
【連結事業】不動産再活97(15)、不動産賃貸収益等3(57) <16・7>
【急拡大】単体決算。利益率高い権利調整案件が前期に引き続き牽引、特に銀座など100億円超える案件が下期、大きく貢献。ビルやマンションの再生も着実に伸びる。営業益急拡大。10期ぶり最高益。増配余地。
【収益安定化】賃料収入増へ中期保有の在庫を増やしたい意向。大型案件増を見据え、さらなる資金調達先の確保も課題。従来の信金等のほか、大手銀行との取引目指す。

*管理人コメント*
12/15に147円利確の回転玉は12/16に118円買戻し。12/22の131円売り玉は12/25寄り115円買戻し。12/29DC確認の118円LC分は1/5に108円買戻し。1/12窓埋め記念105円買い。1/14買い100円。1/18買い97円。1/20引け成り93円買い。2/1回転部隊124円利確。2/3買戻し108円。2/5回転玉103円~100円仕込み。2/9の97円~2/12押目買い92円。3/7引け成り121円利確分と、3/8の119円と120円利確回転玉は114円以下で子株増殖買戻しを継続。3/9の111円まで買戻し。3/17寄り130円売り、119円~114円買い回転。3/24売り指し127円約定、買戻し125円。4/5逆指しLC122円。4/6買116円。4/18買@113.7円。4/26寄売125円、引買119円。4/27買118円。4/28買117円。5/2買116円。5/18買114円。6/2買112円。6/7買108円。6/14引買106円。6/16売109円、買99円。6/24売108円、買95円。6/30売118円玉は110円買戻し。7/6買108円。8/31買107円。10/11買106円。11/7逆指LC107円、買102円。12/12回転部隊は一旦138円利確、5MAタッチ待ち。12/13回転部隊は128円買戻し。12/15買増し126円。12/28売169円、引成買159円。12/29回転玉追加151円買。1/10売162円、買157円。1/11回転玉追加152円。1/16追加買149円。1/17買142円。1/24買139円。3/9回転玉174円売168円買。3/15回転玉売171円、買161円。3/16買159円。3/17PTS買138円。3/21買140円。3/23回転玉逆指しLC143円、引け買戻し135円。4/6買134、133円。4/12逆LC134円、買131円と129円。4/13買125円。4/17買123円。6/13回転玉仕込み138円。6/14回転玉売146円。6/15買137円。8/1買133円。8/2売136円。8/3買107円。9/1売137円。9/5買116、114円。10/30買105円。11/13買95円。11/14買93円。11/15買89円。11/17買88円。12/25買87円。12/26買84円。2/5買82円。2/6買77円。2/15買73円。3/23買71円。4/5買69円。4/6買65円。4/11買62円。4/18買55円。5/8半分売(回転用)72円。5/10買65円64円。5/15買61円。6/4買57円。7/31買44円。8/6逆LC44円、買41円。8/13売41円、買39円。

-------------------------------------
☆☆☆ 4/16選定 ☆☆☆
■3641パピレス
(今期予想PER17.21、PBR3.98、利回0.25、自己資本比率59.8、有利子負債0)

四季報:
【特色】95年富士通の社外ベンチャーとして出発。電子書籍販売、配信の先駆者。07年から電子貸本展開
【連結事業】電子書籍販売100 <17・3>
【最高益】テレビCMなど販促奏功。『タテコミ』中心にサービス拡充。ただ海外向けコンテンツ翻訳など先行投資負担重い。前号より営業増益幅縮小。19年3月期はサービス拡充継続し国内堅調。前期強化の英語、中国語翻訳増で海外も好調。営業益拡大。
【中国語圏】18年3月中国向け事業展開にらみ香港に子会社設立。『タテコミ』にアニメーション効果付加した新サービス開始。

(ドントコメント)
4期連続増収増益、好財務。押目は拾えるのでは?
4/16買2010円。4/17買1936円。5/8半分売(回転用)2240円。5/9買戻し2180円。5/10逆LC2164円、買2054円。5/15買1771円。6/14売1969円。6/20買1730円。7/6売1765円。7/9買1735円。7/30半分売1987円。8/13半分売2500円。8/14売2645円。8/16買2600円。8/20売2700円。8/27買2590円。8/28売@2717円。8/30買@2512円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 4/23選定 ☆☆☆
■6638ミマキエンジニアリング
(今期予想PER15.76、PBR1.45、利回1.49、自己資本比率33.0)

四季報:
【特色】広告・看板向けインクジェット(IJ)プリンタで世界首位級。家電向け等産業用途開拓に重点
【連結事業】SG市場向け43、IP市場向け34、TA市場向け12、他11【海外】74 <17・3>
【増益続く】広告・看板向けはUVインク使用の新製品がまず欧州、続いて国内で好調。営業増益。19年3月期はUVインク使用機種が米国でも一段と本格化。製品保証引当金の負担も軽減。営業益の伸び続く。
【布 陣】17年11月発売のUVインク使用機は小型機では世界初で需要旺盛。国内外インク生産拠点を改組。3月着工予定だった鞍掛工場(東御市)も構想練り直す。

(ドントコメント)
4/12に18.3期経常益予想を15.0%上方修正し、増益率が14.5%増→31.7%増に拡大する見通し。
チャートも整いつつあり、押目は拾いたい。4/20買@813円。5/2半分売880円(回転用)。5/8全売(押目買い戻し用)904円。5/11買883円。5/14買850円。5/24売907円、買873円。6/18売910円。7/6買778円。
7/24半分売917円。7/25全売920円。7/26買902円。7/30売946円。8/7買906円。8/28半売@1071円。9/10買1011円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 8/3復活選定 ☆☆☆
■6777SANTEC
(今期予想PER15.79、PBR1.05、利回1.99、自己資本比率87.1、有利子負債0)

四季報:
【特色】光通信用部品と光測定器が2本柱。光部品で波長モニターなど独自製品多い。OCT拡大狙う
【連結事業】光部品関連35(10)、光測定器関連53(18)、システム・ソリューション11(10)【海外】60 <18・3>
【足踏み】光測定器は工場ラインの外観検査や製品の膜厚検査中心に国内外の産業向け販売着実。ただ、光部品が5Gへの移行控えた在庫調整続き、米国の通信関連向け回復力弱い。営業益横ばい圏。税効果。
【小型化】通信向け光部品は小型、複合機能化の新製品開発中、早ければ今期中にも市場投入へ。光測定器は需要家の生産技術改善提案するソリューション営業に本腰。

(ドントコメント)
1Q決算の前期比減益で調整していたが、日足(5-25MA)GCから、短期リバウンドも?
8/3買723円。8/10売927円。8/16買843円。8/24半売969円。8/27全売970円。9/10買811円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 6/26選定 ☆☆☆
■1721コムシス
(予想PER17.51、PBR1.45、利回2.06、自己資本比率70.1)

四季報:
【特色】電気通信工事で最大手。ネットワーク構築に強み。NTT系が売上高の5割強。社会システムも
【連結事業】日本コムシスG65(8)、サンワコムシスG14(8)、TOSYSG6(5)、つうけんG13(6)、コムシス情報システムG2(9) <18・3>
【続 伸】NTT向けは固定系が漸減、ドコモも前倒しの反動減。ただ、期ずれした太陽光関連やバイオマス案件が牽引し営業益続伸。会社計画は下期の3社統合効果を未反映。通期配当も60円配に上乗せ公算。
【3社統合】西日本の同業を株式交換で経営統合。機動的な要員配置目指す。自己株計1626万株余を交付。同時に期末までに200万株、50億円上限の自己株取得枠。

(ドントコメント)
米中貿易戦争の拡大懸念から、全体相場は軟調な展開が予想されるので、市場の物色は貿易関連から内需関連へ向かう?
国内通信工事トップのコムシスは、次世代通信規格である「5G(第5世代移動通信システム)」関連で、今後の受注拡大が期待されるので、押目は拾いたい銘柄。
6/26買2872円。7/2逆LC2902円、買2815円。7/3逆LC2809円、買2724円。8/13売2899円。8/14買2844円。  
 

押目狙い銘柄に付いて

 投稿者:ドント  投稿日:2018年 7月11日(水)22時35分40秒
返信・引用 編集済
  押目を拾いたい銘柄を、管理人独善で選定・・・損しても知りません!
(調整中の銘柄は順次入れ替えます)

--------------------------------------
■6125岡本工機(2018/1/15選定)
(今期予想PER18.79、PBR2.02、利回1.09、自己資本比率34.5)

四季報:
【特色】平面研削盤で国内首位。液晶、半導体製造装置も手掛ける。汎用機はタイ、シンガポールで生産
【連結事業】工作機械86(7)、半導体関連装置14(14)【海外】42 <17・3>
【上振れ】半導体関連装置は比率高い国内が想定以上、海外も中国などアジア中心に高水準。柱の工作機械は国内が高精度研削盤など復調。海外は米国が自動車向けなど伸び、中国向け堅調。人件費増吸収。増配。19年3月期は工作機械が牽引し連続増益。
【子会社】17年夏稼働の広島新工場(岡本工機)は順次操業度向上、精密歯車をロボット、自動車向け拡販。中国での拡販策模索。

(ドントコメント)
2017/6/23に併合前の234円買い、6/26に「旧・押目狙い銘柄」に選定以来、多回転中。割安とは言えないが、業績は絶好調で通期予想の上方修正期待もあり、回転しながら相場に着いて行きたい。
2018/1/15に4455円利確も、4470円で高値買戻し。1/18売4825円、買4610円。1/19買4550円。2/5買(4505+4475円)。2/6買3865円。2/15買3500円。3/5売4100円。3/6買3880円。3/19売3810円、買3640円。3/26買3220円。5/8半分売(回転用)3935円。5/9買戻し3840円。5/14半分売4050円。5/22全売4685円。5/25買4550円。5/29売4760円。5/30買4330円。6/5売4370円。6/14買4165円。6/18逆LC4200円、買4010円。6/19売3950円。6/20買3700円。6/25売3775円。7/6買3225円。7/17逆LC3515円。7/24買3520円。8/6逆LC3500円。

--------------------------------------
■2150ケアネット(11/28選定)
(今期予想PER33.42、PBR6.00、利回0.66、自己資本比率69.4、有利子負債0)

四季報:
【特色】医師向け情報サイトを通じ製薬の営業支援。DVD、動画配信による医師教育コンテンツ提供も
【連結事業】医薬営業支援サービス83(37)、医療コンテンツサービス17(30) <16・12>
【好 調】医師向け動画配信は番組増やし利用増。柱の製薬向け営業支援も、サイトの医師会員獲得が堅調。利益貢献拡大。新サービス開発費増をこなし、営業増益。18年12月期はサイト、動画の医師利用が伸長。
【攻 勢】製薬向け営業支援で、がん分野など専門医薬品に対応した新サービスを開発方針。医師転職支援本格化に向けて、営業人員増強。9月末基準日で株式2分割。

*管理人コメント*
(ドントコエント)
11/13の3Qでは、17.12月期の連結経常利益を従来予想の2億3200万円→3億7000万円に59.5%上方修正。増益率が17.8%増→87.8%増に拡大する見通し。
割安さは無いが、自己資本比率69.4%、有利子負債0と好財務で、事業成長性は大?
急騰から調整して再上昇も、押目は買える?
11/28買883円。12/12売1240円、買1083円。12/18売1172円、買1100円。12/26売1433円、買1087円。1/17半分売1425円。1/18全売1350円。1/19買1231円。1/29売1401円。1/30買1280円。2/9買1059円。
2/14買897円。3/5売1040円、買974円。3/19売996円。3/20買929円。5/14売1180円。5/29買1099円。6/28売1130円。7/4買1002円。7/5売1038円。7/11買1019円。7/30売1141円。8/7買1042円。8/13逆LC940円、買866円。

--------------------------------------
■9307杉村倉庫(1/24選定)(アイスコーヒーさん11/6ご紹介の大ヒット銘柄)
(予想PER37.98、PBR2.67、利回0.35、自己資本比率45.4)

四季報:
【特色】関西倉庫業の老舗、流通加工や運送も。不動産賃貸、ゴルフ練習場など併営。野村HDグループ
【連結事業】物流85(6)、不動産13(74)、他3(22) <17・3>
【営業減益】物流は機械等の新規客貢献。ただ既存客の契約終了響く。オフィス移転が反動減。不動産は賃料値下げで微減。前期稼働の新倉庫の固定資産税や償却重い。営業減益続く。減損特損の一方で株売却益。19年3月期は新倉庫を営業努力で埋める。
【S&B】老朽化した大阪港倉庫を一部解体、賃借の土地は返却へ。新設した福崎倉庫は収益性確保と顧客獲得の両立目指す。

(ドントコメント)
業績と株価指標では買えないが、IRカジノと大阪万博関連で人気化。悪名高いN村グループだし、S高→S安で外様機関との仕手戦化を期待し、押目狙い銘柄に選定。
12/5買1065円。12/19売1310円。12/20買1084円。1/22売3600円。1/24買(1830+1764円)。1/26逆LC1830円。2/5買1322円。2/6売1248円、買1140円。2/7売1229円。2/8買1180円。2/9買1075円。2/13売1200円。2/14買1050円。3/5売1166円。3/6買1120円。3/19売1125円、買1085円。3/26買995円。4/4半分売1345円(回転用)。4/6買戻し1140円。4/11逆LC1145円。4/12買1118円。5/9買1093円。5/15逆LC1080円。5/18買1048円。6/26買1001円。7/5売1013円(回転用)。7/6買952円。8/6半分売986円(回転用)。8/7買956円。8/9半分逆LC946円(回転用)。8/14買829円。

--------------------------------------
■6294オカダアイヨン(4/24選定)
(今期予想PER16.40、PBR1.33、利回1.63、自己資本比率41.0)

四季報:
【特色】破砕・解体用建機メーカー。環境機械の仕入れ販売も。米国に販売子会社。アジア開拓進める
【連結事業】建設機械86、環境機械14【海外】16 <17・3>
【好 調】主力の圧砕機、油圧ブレーカーとも伸長。環境機械は納期ずれ込みで反落だが、営業益好伸。19年3月期は17年10月買収の南星グループ通期寄与。圧砕機、油圧とも内外需要好調。納入先破綻関連特損一巡。
【海外強化】欧州向け圧砕機は現地仕様製品投入で拡販、米国向けもテキサス支店営業が本格化。3月公募資金は借入金返済、営業所兼工場の改修や移転・新設に充当。

(ドントコメント)
主力の圧砕機は再開発・耐震建替需要が堅調。
勉強会で4/23にご紹介。日足平衡収斂後の反騰を、じっくり待ちたい。
4/23買1441円。5/8半分売(回転用)1605円。5/10買戻し1564円。5/14売1583円、買1495円。5/18半分売1772円。5/24売1712円。5/25買1640円。5/29売1657円、買1586円。6/6半売1770円。6/19売1680円。6/21買1637円。7/2売1692円。7/6買1500円。7/30売1700円。8/7買1630円。

--------------
■6432竹内製作所(旧・押目狙い銘柄、4/10復活選定)
(予想PER13.08、PBR1.75、利回1.53、自己資本比率74.1、有利子負債0)

四季報:
【特色】ミニショベル主体の建機中堅、クローラーローダーを世界初開発、海外販売比率高くシェア上位
【連結事業】建設機械99、他1【海外】97 <17・2>
【底打ち】19年2月期はミニショベルなど建機販売が国内で増加。海外も米国住宅建設需要の年初からの回復傾向を受け建機引き合い上向く。欧州も拡大。物流費や開発費が高止まりでも営業益底打ち。増配も。
【お家芸】クローラーローダーで3・5tの最軽量車両投入、遠隔地での管理や位置把握など取り入れ高付加価値化。17年投入の15t級油圧ショベルと合わせ市場深耕。

(ドントコメント)
高値から調整して、再度25日線に復帰し、日足(5-25MA)平衡収斂も終えて再上昇可能に成った、割安・好財務銘柄。
3/26買2151円。4/11売2624円。4/13半分買戻し@2438円。4/18全買戻し2415円。5/22半売2760円。5/24全売2667円。5/25買2550円。5/30買2415円。6/15売2473円。6/20買2240円。7/5売2253円。7/6買2230円。7/10半分売2421円。7/11全売2572円。

--------------------------------------
■6639コンテック(5/22選定)
(予想PER13.80、PBR1.63、利回1.52、自己資本比率43.8)

四季報:
【特色】産業用パソコン大手。周辺機器や無線LAN機器等展開。親会社ダイフク向けEMSは縮小方針
【連結事業】電子機器100【海外】27 <17・3>
【伸 長】柱の産業用コンピュータは大口受注剥落。ただ親会社向け半導体関連EMS想定超で前号比増額。19年3月期は好採算の半導体向け続伸。産業用コンピュータは工場自動化関連に本腰。連続増配も。
【IoT】17年秋投入のファナック製工作機械管理ソフト対応機器はじめ、生産設備IoT化関連製品を拡充。北米新事務所は現地で需要増の工場自動化対応製品開発。

-----
コスト競争力を向上させ、人手不足に備えるには、生産設備IoT化を急ぐ必要が有り、同社は流れに乗れるかと?
5/21寄り買2219円。5/24逆LC2259円、買2175円。5/30売2240円、買2164円。5/31買2100円。6/19半分売2497円。6/20買2340円。6/21半分売2523円。6/25売2440円。6/26買2190円。7/3売2265円、買2145円。7/5買2072円。8/13売2360円。8/14買2259円。
 

注目銘柄に付いて

 投稿者:ドント  投稿日:2018年 6月26日(火)18時05分55秒
返信・引用 編集済
  業績、材料性、成長性などに優れる参考銘柄を、管理人の独断と偏見で選定・・・勿論売買は自己責任で、損しても知りません!
(調整中の銘柄は順次入れ替えます)

--------------------------------------
☆☆☆ 3/7選定 ☆☆☆
■3799キーウェアソリューションズ
(今期予想PER55.88、PBR1.36、利回り0.76、自己資本比率64.2)

四季報:
【特色】総合システムサービス。NECと密接。インフラ関連のシステム開発・構築、運用保守。ERPも
【連結事業】システム開発63(2)、SI24(3)、他13(1) <17・3>
【上振れ】運輸系はシステム更新時期迎え堅調。官庁系は大型案件受注、ERP系は新規案件の開拓が寄与。開発要員の確保もおおむね順調。前号より営業益上振れ。19年3月期も運輸系など堅調、利益改善進む。
【新事業】農業ICTは着実に拡大、国内11カ所に。生産性コンサルも引き合いあり、バーチャルサポートセンターを拡大。コンサル能力が高い人材の確保・育成急ぐ。

*管理人コメント*
勉強会で酒恋さんから3/4にご紹介頂く。
3799キーウェアは3Qの経常黒字化で、通期予想の上方修正が期待される。
NECと密接で、国策の運輸インフラ、農業ICT関連などのシステム開発が堅調で4期連続経常増益予想。
早く公開したかったがご多忙で、3/7に許可頂けたので、ご紹介。
3/5買842円。3/28逆LC887円、買835円。4/6売853円、買817円。5/2買705円。

----------------------------------------
☆☆☆ 6/13選定 ☆☆☆
■8925アルデプロ

四季報:
【特色】収益ビル・マンションの仕入れ販売を手掛ける。権利調整に強み。事業再生ADRを経て復調
【連結事業】不動産再活97(15)、不動産賃貸収益等3(57) <16・7>
【急拡大】単体決算。利益率高い権利調整案件が前期に引き続き牽引、特に銀座など100億円超える案件が下期、大きく貢献。ビルやマンションの再生も着実に伸びる。営業益急拡大。10期ぶり最高益。増配余地。
【収益安定化】賃料収入増へ中期保有の在庫を増やしたい意向。大型案件増を見据え、さらなる資金調達先の確保も課題。従来の信金等のほか、大手銀行との取引目指す。

*管理人コメント*
12/15に147円利確の回転玉は12/16に118円買戻し。12/22の131円売り玉は12/25寄り115円買戻し。12/29DC確認の118円LC分は1/5に108円買戻し。1/12窓埋め記念105円買い。1/14買い100円。1/18買い97円。1/20引け成り93円買い。2/1回転部隊124円利確。2/3買戻し108円。2/5回転玉103円~100円仕込み。2/9の97円~2/12押目買い92円。3/7引け成り121円利確分と、3/8の119円と120円利確回転玉は114円以下で子株増殖買戻しを継続。3/9の111円まで買戻し。3/17寄り130円売り、119円~114円買い回転。3/24売り指し127円約定、買戻し125円。4/5逆指しLC122円。4/6買116円。4/18買@113.7円。4/26寄売125円、引買119円。4/27買118円。4/28買117円。5/2買116円。5/18買114円。6/2買112円。6/7買108円。6/14引買106円。6/16売109円、買99円。6/24売108円、買95円。6/30売118円玉は110円買戻し。7/6買108円。8/31買107円。10/11買106円。11/7逆指LC107円、買102円。12/12回転部隊は一旦138円利確、5MAタッチ待ち。12/13回転部隊は128円買戻し。12/15買増し126円。12/28売169円、引成買159円。12/29回転玉追加151円買。1/10売162円、買157円。1/11回転玉追加152円。1/16追加買149円。1/17買142円。1/24買139円。3/9回転玉174円売168円買。3/15回転玉売171円、買161円。3/16買159円。3/17PTS買138円。3/21買140円。3/23回転玉逆指しLC143円、引け買戻し135円。4/6買134、133円。4/12逆LC134円、買131円と129円。4/13買125円。4/17買123円。6/13回転玉仕込み138円。6/14回転玉売146円。6/15買137円。8/1買133円。8/2売136円。8/3買107円。9/1売137円。9/5買116、114円。10/30買105円。11/13買95円。11/14買93円。11/15買89円。11/17買88円。12/25買87円。12/26買84円。2/5買82円。2/6買77円。2/15買73円。3/23買71円。4/5買69円。4/6買65円。4/11買62円。4/18買55円。5/8半分売(回転用)72円。5/10買65円64円。5/15買61円。6/4買57円。7/31買44円。

-------------------------------------
☆☆☆ 4/16選定 ☆☆☆
■3641パピレス
(今期予想PER17.21、PBR3.98、利回0.25、自己資本比率59.8、有利子負債0)

四季報:
【特色】95年富士通の社外ベンチャーとして出発。電子書籍販売、配信の先駆者。07年から電子貸本展開
【連結事業】電子書籍販売100 <17・3>
【最高益】テレビCMなど販促奏功。『タテコミ』中心にサービス拡充。ただ海外向けコンテンツ翻訳など先行投資負担重い。前号より営業増益幅縮小。19年3月期はサービス拡充継続し国内堅調。前期強化の英語、中国語翻訳増で海外も好調。営業益拡大。
【中国語圏】18年3月中国向け事業展開にらみ香港に子会社設立。『タテコミ』にアニメーション効果付加した新サービス開始。

(ドントコメント)
4期連続増収増益、好財務。押目は拾えるのでは?
4/16買2010円。4/17買1936円。5/8半分売(回転用)2240円。5/9買戻し2180円。5/10逆LC2164円、買2054円。5/15買1771円。6/14売1969円。6/20買1730円。7/6売1765円。7/9買1735円。7/30半分売1987円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 4/23選定 ☆☆☆
■6638ミマキエンジニアリング
(今期予想PER15.76、PBR1.45、利回1.49、自己資本比率33.0)

四季報:
【特色】広告・看板向けインクジェット(IJ)プリンタで世界首位級。家電向け等産業用途開拓に重点
【連結事業】SG市場向け43、IP市場向け34、TA市場向け12、他11【海外】74 <17・3>
【増益続く】広告・看板向けはUVインク使用の新製品がまず欧州、続いて国内で好調。営業増益。19年3月期はUVインク使用機種が米国でも一段と本格化。製品保証引当金の負担も軽減。営業益の伸び続く。
【布 陣】17年11月発売のUVインク使用機は小型機では世界初で需要旺盛。国内外インク生産拠点を改組。3月着工予定だった鞍掛工場(東御市)も構想練り直す。

(ドントコメント)
4/12に18.3期経常益予想を15.0%上方修正し、増益率が14.5%増→31.7%増に拡大する見通し。
チャートも整いつつあり、押目は拾いたい。4/20買@813円。5/2半分売880円(回転用)。5/8全売(押目買い戻し用)904円。5/11買883円。5/14買850円。5/24売907円、買873円。6/18売910円。7/6買778円。
7/24半分売917円。7/25全売920円。7/26買902円。7/30売946円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 2/25選定 ☆☆☆
■3981ビーグリー
(今期予想PER13.74、PBR1.99、利回0、自己資本比率64.8)

四季報:
【特色】スマホ向け電子コミック配信サービス『まんが王国』運営。漫画家、出版社との直接契約に特徴
【単独事業】コンテンツプラットフォーム100 <16・12>
【大 台】第3四半期の進捗率高いが、持ち越していた広告宣伝費を終盤に投入、営業利益は想定線に。18年12月期は集客力のある大型コンテンツや好採算のオリジナル品が拡大。従来の月額制に加え10月スタートの都度課金制も奏功し売上は大台乗せ。
【昇格か】株主優待開始。まんが王国ポイントに交換できる『王国図書券』を株数に応じ進呈。東証1部鞍替えのシグナルか。

(ドントコメント)
勉強会で、アイスコーヒーさんから2/22にご紹介。
業態の競争力と成長性、株主優待開始(王国図書券を株数に応じ進呈)と、東証1部鞍替えの可能性にも期待したい。
2/22買(1580円と1560円)。3/5売1667円、買1558円。3/26買1506円。4/10売1824円。4/11買1776円。4/12半分売1957円。4/16全売1850円。4/17買1743円。5/1売1746円。5/2買@1676円。6/5買1440円。6/14売1606円。6/28買1550円。7/2売1627円。7/6買1448円。7/30売1600円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 6/26選定 ☆☆☆
■1721コムシス
(予想PER17.51、PBR1.45、利回2.06、自己資本比率70.1)

四季報:
【特色】電気通信工事で最大手。ネットワーク構築に強み。NTT系が売上高の5割強。社会システムも
【連結事業】日本コムシスG65(8)、サンワコムシスG14(8)、TOSYSG6(5)、つうけんG13(6)、コムシス情報システムG2(9) <18・3>
【続 伸】NTT向けは固定系が漸減、ドコモも前倒しの反動減。ただ、期ずれした太陽光関連やバイオマス案件が牽引し営業益続伸。会社計画は下期の3社統合効果を未反映。通期配当も60円配に上乗せ公算。
【3社統合】西日本の同業を株式交換で経営統合。機動的な要員配置目指す。自己株計1626万株余を交付。同時に期末までに200万株、50億円上限の自己株取得枠。

(ドントコメント)
米中貿易戦争の拡大懸念から、全体相場は軟調な展開が予想されるので、市場の物色は貿易関連から内需関連へ向かう?
国内通信工事トップのコムシスは、次世代通信規格である「5G(第5世代移動通信システム)」関連で、今後の受注拡大が期待されるので、押目は拾いたい銘柄。
6/26買2872円。7/2逆LC2902円、買2815円。7/3逆LC2809円、買2724円。
 

押目狙い銘柄に付いて

 投稿者:ドント  投稿日:2018年 5月22日(火)15時06分31秒
返信・引用 編集済
  押目を拾いたい銘柄を、管理人独善で選定・・・損しても知りません!
(調整中の銘柄は順次入れ替えます)

--------------------------------------
■6125岡本工機(2018/1/15選定)
(今期予想PER18.79、PBR2.02、利回1.09、自己資本比率34.5)

四季報:
【特色】平面研削盤で国内首位。液晶、半導体製造装置も手掛ける。汎用機はタイ、シンガポールで生産
【連結事業】工作機械86(7)、半導体関連装置14(14)【海外】42 <17・3>
【上振れ】半導体関連装置は比率高い国内が想定以上、海外も中国などアジア中心に高水準。柱の工作機械は国内が高精度研削盤など復調。海外は米国が自動車向けなど伸び、中国向け堅調。人件費増吸収。増配。19年3月期は工作機械が牽引し連続増益。
【子会社】17年夏稼働の広島新工場(岡本工機)は順次操業度向上、精密歯車をロボット、自動車向け拡販。中国での拡販策模索。

(ドントコメント)
2017/6/23に併合前の234円買い、6/26に「旧・押目狙い銘柄」に選定以来、多回転中。割安とは言えないが、業績は絶好調で通期予想の上方修正期待もあり、回転しながら相場に着いて行きたい。
2018/1/15に4455円利確も、4470円で高値買戻し。1/18売4825円、買4610円。1/19買4550円。2/5買(4505+4475円)。2/6買3865円。2/15買3500円。3/5売4100円。3/6買3880円。3/19売3810円、買3640円。3/26買3220円。5/8半分売(回転用)3935円。5/9買戻し3840円。5/14半分売4050円。5/22全売4685円。5/25買4550円。5/29売4760円。5/30買4330円。6/5売4370円。6/14買4165円。6/18
逆LC4200円、買4010円。6/19売3950円。6/20買3700円。6/25売3775円。7/6買3225円。

--------------------------------------
■2150ケアネット(11/28選定)
(今期予想PER33.42、PBR6.00、利回0.66、自己資本比率69.4、有利子負債0)

四季報:
【特色】医師向け情報サイトを通じ製薬の営業支援。DVD、動画配信による医師教育コンテンツ提供も
【連結事業】医薬営業支援サービス83(37)、医療コンテンツサービス17(30) <16・12>
【好 調】医師向け動画配信は番組増やし利用増。柱の製薬向け営業支援も、サイトの医師会員獲得が堅調。利益貢献拡大。新サービス開発費増をこなし、営業増益。18年12月期はサイト、動画の医師利用が伸長。
【攻 勢】製薬向け営業支援で、がん分野など専門医薬品に対応した新サービスを開発方針。医師転職支援本格化に向けて、営業人員増強。9月末基準日で株式2分割。

*管理人コメント*
(ドントコエント)
11/13の3Qでは、17.12月期の連結経常利益を従来予想の2億3200万円→3億7000万円に59.5%上方修正。増益率が17.8%増→87.8%増に拡大する見通し。
割安さは無いが、自己資本比率69.4%、有利子負債0と好財務で、事業成長性は大?
急騰から調整して再上昇も、押目は買える?
11/28買883円。12/12売1240円、買1083円。12/18売1172円、買1100円。12/26売1433円、買1087円。1/17半分売1425円。1/18全売1350円。1/19買1231円。1/29売1401円。1/30買1280円。2/9買1059円。
2/14買897円。3/5売1040円、買974円。3/19売996円。3/20買929円。5/14売1180円。5/29買1099円。6/28売1130円。7/4買1002円。7/5売1038円。

--------------------------------------
■9307杉村倉庫(1/24選定)(アイスコーヒーさん11/6ご紹介の大ヒット銘柄)
(予想PER37.98、PBR2.67、利回0.35、自己資本比率45.4)

四季報:
【特色】関西倉庫業の老舗、流通加工や運送も。不動産賃貸、ゴルフ練習場など併営。野村HDグループ
【連結事業】物流85(6)、不動産13(74)、他3(22) <17・3>
【営業減益】物流は機械等の新規客貢献。ただ既存客の契約終了響く。オフィス移転が反動減。不動産は賃料値下げで微減。前期稼働の新倉庫の固定資産税や償却重い。営業減益続く。減損特損の一方で株売却益。19年3月期は新倉庫を営業努力で埋める。
【S&B】老朽化した大阪港倉庫を一部解体、賃借の土地は返却へ。新設した福崎倉庫は収益性確保と顧客獲得の両立目指す。

(ドントコメント)
業績と株価指標では買えないが、IRカジノと大阪万博関連で人気化。悪名高いN村グループだし、S高→S安で外様機関との仕手戦化を期待し、押目狙い銘柄に選定。
12/5買1065円。12/19売1310円。12/20買1084円。1/22売3600円。1/24買(1830+1764円)。1/26逆LC1830円。2/5買1322円。2/6売1248円、買1140円。2/7売1229円。2/8買1180円。2/9買1075円。2/13売1200円。2/14買1050円。3/5売1166円。3/6買1120円。3/19売1125円、買1085円。3/26買995円。4/4半分売1345円(回転用)。4/6買戻し1140円。4/11逆LC1145円。4/12買1118円。5/9買1093円。5/15逆LC1080円。5/18買1048円。6/26買1001円。7/5売1013円(回転用)。7/6買952円。

--------------------------------------
■6294オカダアイヨン(4/24選定)
(今期予想PER16.40、PBR1.33、利回1.63、自己資本比率41.0)

四季報:
【特色】破砕・解体用建機メーカー。環境機械の仕入れ販売も。米国に販売子会社。アジア開拓進める
【連結事業】建設機械86、環境機械14【海外】16 <17・3>
【好 調】主力の圧砕機、油圧ブレーカーとも伸長。環境機械は納期ずれ込みで反落だが、営業益好伸。19年3月期は17年10月買収の南星グループ通期寄与。圧砕機、油圧とも内外需要好調。納入先破綻関連特損一巡。
【海外強化】欧州向け圧砕機は現地仕様製品投入で拡販、米国向けもテキサス支店営業が本格化。3月公募資金は借入金返済、営業所兼工場の改修や移転・新設に充当。

(ドントコメント)
主力の圧砕機は再開発・耐震建替需要が堅調。
勉強会で4/23にご紹介。日足平衡収斂後の反騰を、じっくり待ちたい。
4/23買1441円。5/8半分売(回転用)1605円。5/10買戻し1564円。5/14売1583円、買1495円。5/18半分売1772円。5/24売1712円。5/25買1640円。5/29売1657円、買1586円。6/6半売1770円。6/19売1680円。6/21買1637円。7/2売1692円。7/6買1500円。

--------------
■6432竹内製作所(旧・押目狙い銘柄、4/10復活選定)
(予想PER13.08、PBR1.75、利回1.53、自己資本比率74.1、有利子負債0)

四季報:
【特色】ミニショベル主体の建機中堅、クローラーローダーを世界初開発、海外販売比率高くシェア上位
【連結事業】建設機械99、他1【海外】97 <17・2>
【底打ち】19年2月期はミニショベルなど建機販売が国内で増加。海外も米国住宅建設需要の年初からの回復傾向を受け建機引き合い上向く。欧州も拡大。物流費や開発費が高止まりでも営業益底打ち。増配も。
【お家芸】クローラーローダーで3・5tの最軽量車両投入、遠隔地での管理や位置把握など取り入れ高付加価値化。17年投入の15t級油圧ショベルと合わせ市場深耕。

(ドントコメント)
高値から調整して、再度25日線に復帰し、日足(5-25MA)平衡収斂も終えて再上昇可能に成った、割安・好財務銘柄。
3/26買2151円。4/11売2624円。4/13半分買戻し@2438円。4/18全買戻し2415円。5/22半売2760円。5/24全売2667円。5/25買2550円。5/30買2415円。6/15売2473円。6/20買2240円。7/5売2253円。7/6買2230円。7/10半分売2421円。

--------------------------------------
■6639コンテック(5/22選定)
(予想PER13.80、PBR1.63、利回1.52、自己資本比率43.8)

四季報:
【特色】産業用パソコン大手。周辺機器や無線LAN機器等展開。親会社ダイフク向けEMSは縮小方針
【連結事業】電子機器100【海外】27 <17・3>
【伸 長】柱の産業用コンピュータは大口受注剥落。ただ親会社向け半導体関連EMS想定超で前号比増額。19年3月期は好採算の半導体向け続伸。産業用コンピュータは工場自動化関連に本腰。連続増配も。
【IoT】17年秋投入のファナック製工作機械管理ソフト対応機器はじめ、生産設備IoT化関連製品を拡充。北米新事務所は現地で需要増の工場自動化対応製品開発。

-----
コスト競争力を向上させ、人手不足に備えるには、生産設備IoT化を急ぐ必要が有り、同社は流れに乗れるかと?
5/21寄り買2219円。5/24逆LC2259円、買2175円。5/30売2240円、買2164円。5/31買2100円。6/19半分売2497円。6/20買2340円。6/21半分売2523円。6/25売2440円。6/26買2190円。7/3売2265円、買2145円。7/5買2072円。
 

押目狙い銘柄に付いて

 投稿者:ドント  投稿日:2018年 4月24日(火)15時59分44秒
返信・引用 編集済
  押目を拾いたい銘柄を、管理人独善で選定・・・損しても知りません!
(調整中の銘柄は順次入れ替えます)

--------------------------------------
■6125岡本工機(2018/1/15選定)
(今期予想PER18.79、PBR2.02、利回1.09、自己資本比率34.5)

四季報:
【特色】平面研削盤で国内首位。液晶、半導体製造装置も手掛ける。汎用機はタイ、シンガポールで生産
【連結事業】工作機械86(7)、半導体関連装置14(14)【海外】42 <17・3>
【上振れ】半導体関連装置は比率高い国内が想定以上、海外も中国などアジア中心に高水準。柱の工作機械は国内が高精度研削盤など復調。海外は米国が自動車向けなど伸び、中国向け堅調。人件費増吸収。増配。19年3月期は工作機械が牽引し連続増益。
【子会社】17年夏稼働の広島新工場(岡本工機)は順次操業度向上、精密歯車をロボット、自動車向け拡販。中国での拡販策模索。

(ドントコメント)
2017/6/23に併合前の234円買い、6/26に「旧・押目狙い銘柄」に選定以来、多回転中。割安とは言えないが、業績は絶好調で通期予想の上方修正期待もあり、回転しながら相場に着いて行きたい。
2018/1/15に4455円利確も、4470円で高値買戻し。1/18売4825円、買4610円。1/19買4550円。2/5買(4505+4475円)。2/6買3865円。2/15買3500円。3/5売4100円。3/6買3880円。3/19売3810円、買3640円。3/26買3220円。5/8半分売(回転用)3935円。5/9買戻し3840円。5/14半分売4050円。

--------------------------------------
■2150ケアネット(11/28選定)
(今期予想PER33.42、PBR6.00、利回0.66、自己資本比率69.4、有利子負債0)

四季報:
【特色】医師向け情報サイトを通じ製薬の営業支援。DVD、動画配信による医師教育コンテンツ提供も
【連結事業】医薬営業支援サービス83(37)、医療コンテンツサービス17(30) <16・12>
【好 調】医師向け動画配信は番組増やし利用増。柱の製薬向け営業支援も、サイトの医師会員獲得が堅調。利益貢献拡大。新サービス開発費増をこなし、営業増益。18年12月期はサイト、動画の医師利用が伸長。
【攻 勢】製薬向け営業支援で、がん分野など専門医薬品に対応した新サービスを開発方針。医師転職支援本格化に向けて、営業人員増強。9月末基準日で株式2分割。

*管理人コメント*
(ドントコエント)
11/13の3Qでは、17.12月期の連結経常利益を従来予想の2億3200万円→3億7000万円に59.5%上方修正。増益率が17.8%増→87.8%増に拡大する見通し。
割安さは無いが、自己資本比率69.4%、有利子負債0と好財務で、事業成長性は大?
急騰から調整して再上昇も、押目は買える?
11/28買883円。12/12売1240円、買1083円。12/18売1172円、買1100円。12/26売1433円、買1087円。1/17半分売1425円。1/18全売1350円。1/19買1231円。1/29売1401円。1/30買1280円。2/9買1059円。
2/14買897円。3/5売1040円、買974円。3/19売996円。3/20買929円。5/14売1180円。

--------------------------------------
■9307杉村倉庫(1/24選定)(アイスコーヒーさん11/6ご紹介の大ヒット銘柄)
(予想PER37.98、PBR2.67、利回0.35、自己資本比率45.4)

四季報:
【特色】関西倉庫業の老舗、流通加工や運送も。不動産賃貸、ゴルフ練習場など併営。野村HDグループ
【連結事業】物流85(6)、不動産13(74)、他3(22) <17・3>
【営業減益】物流は機械等の新規客貢献。ただ既存客の契約終了響く。オフィス移転が反動減。不動産は賃料値下げで微減。前期稼働の新倉庫の固定資産税や償却重い。営業減益続く。減損特損の一方で株売却益。19年3月期は新倉庫を営業努力で埋める。
【S&B】老朽化した大阪港倉庫を一部解体、賃借の土地は返却へ。新設した福崎倉庫は収益性確保と顧客獲得の両立目指す。

(ドントコメント)
業績と株価指標では買えないが、IRカジノと大阪万博関連で人気化。悪名高いN村グループだし、S高→S安で外様機関との仕手戦化を期待し、押目狙い銘柄に選定。
12/5買1065円。12/19売1310円。12/20買1084円。1/22売3600円。1/24買(1830+1764円)。1/26逆LC1830円。2/5買1322円。2/6売1248円、買1140円。2/7売1229円。2/8買1180円。2/9買1075円。2/13売1200円。2/14買1050円。3/5売1166円。3/6買1120円。3/19売1125円、買1085円。3/26買995円。4/4半分売1345円(回転用)。4/6買戻し1140円。4/11逆LC1145円。4/12買1118円。5/9買1093円。5/15逆LC1080円。5/18買1048円。

--------------------------------------
■6294オカダアイヨン(4/24選定)
(今期予想PER16.40、PBR1.33、利回1.63、自己資本比率41.0)

四季報:
【特色】破砕・解体用建機メーカー。環境機械の仕入れ販売も。米国に販売子会社。アジア開拓進める
【連結事業】建設機械86、環境機械14【海外】16 <17・3>
【好 調】主力の圧砕機、油圧ブレーカーとも伸長。環境機械は納期ずれ込みで反落だが、営業益好伸。19年3月期は17年10月買収の南星グループ通期寄与。圧砕機、油圧とも内外需要好調。納入先破綻関連特損一巡。
【海外強化】欧州向け圧砕機は現地仕様製品投入で拡販、米国向けもテキサス支店営業が本格化。3月公募資金は借入金返済、営業所兼工場の改修や移転・新設に充当。

(ドントコメント)
主力の圧砕機は再開発・耐震建替需要が堅調。
勉強会で4/23にご紹介。日足平衡収斂後の反騰を、じっくり待ちたい。
4/23買1441円。5/8半分売(回転用)1605円。5/10買戻し1564円。5/14売1583円、買1495円。5/18
半分売1772円。

--------------
■6432竹内製作所(旧・押目狙い銘柄、4/10復活選定)
(予想PER13.08、PBR1.75、利回1.53、自己資本比率74.1、有利子負債0)

四季報:
【特色】ミニショベル主体の建機中堅、クローラーローダーを世界初開発、海外販売比率高くシェア上位
【連結事業】建設機械99、他1【海外】97 <17・2>
【底打ち】19年2月期はミニショベルなど建機販売が国内で増加。海外も米国住宅建設需要の年初からの回復傾向を受け建機引き合い上向く。欧州も拡大。物流費や開発費が高止まりでも営業益底打ち。増配も。
【お家芸】クローラーローダーで3・5tの最軽量車両投入、遠隔地での管理や位置把握など取り入れ高付加価値化。17年投入の15t級油圧ショベルと合わせ市場深耕。

(ドントコメント)
高値から調整して、再度25日線に復帰し、日足(5-25MA)平衡収斂も終えて再上昇可能に成った、割安・好財務銘柄。
3/26買2151円。4/11売2624円。4/13半分買戻し@2438円。4/18全買戻し2415円。

--------------------------------------
■4748構造計画(2018/3/30復活選定)
(今期予想PER19.41、PBR3.65、利回2.90、自己資本比率26.8)

四季報:
【特色】構造設計から創業の独立系SI。独自の防災コンサル展開。エネ・通信向けシステム開発に実績
【単独事業】エンジニアリングコンサルティング79(32)、プロダクツサービス21(25) <17・6>
【反 発】建設活況受け住宅大手の営業支援開発、構造計算が好調。耐震解析も好採算の小粒案件伸び、コンサル受注残豊富。クラウドメールも黒字拡大。ソフト販売の人件費増あるが、SI赤字開発消え利益反発。19年6月期も建設コンサル伸び増勢。
【IoT】リモートロックは簡易宿泊所など開拓、入退室管理の需要狙う。住宅の快適性制御も進め、20年6月期年商25億円目標。

(ドントコメント)
構造計算・耐震解析コンサルの、旧「注目銘柄」ですが、2560円高値からの乖離調整が進んだので、3/30押目狙い銘柄に選定。3/12寄り買2385円。4/11売2576円。4/12買2468円。5/8半分売(回転用)2610円。5/10買@2572円。
 

注目銘柄に付いて

 投稿者:ドント  投稿日:2018年 4月23日(月)15時30分6秒
返信・引用 編集済
  業績、材料性、成長性などに優れる参考銘柄を、管理人の独断と偏見で選定・・・勿論売買は自己責任で、損しても知りません!
(調整中の銘柄は順次入れ替えます)

--------------------------------------
☆☆☆ 3/7選定 ☆☆☆
■3799キーウェアソリューションズ
(今期予想PER55.88、PBR1.36、利回り0.76、自己資本比率64.2)

四季報:
【特色】総合システムサービス。NECと密接。インフラ関連のシステム開発・構築、運用保守。ERPも
【連結事業】システム開発63(2)、SI24(3)、他13(1) <17・3>
【上振れ】運輸系はシステム更新時期迎え堅調。官庁系は大型案件受注、ERP系は新規案件の開拓が寄与。開発要員の確保もおおむね順調。前号より営業益上振れ。19年3月期も運輸系など堅調、利益改善進む。
【新事業】農業ICTは着実に拡大、国内11カ所に。生産性コンサルも引き合いあり、バーチャルサポートセンターを拡大。コンサル能力が高い人材の確保・育成急ぐ。

*管理人コメント*
勉強会で酒恋さんから3/4にご紹介頂く。
3799キーウェアは3Qの経常黒字化で、通期予想の上方修正が期待される。
NECと密接で、国策の運輸インフラ、農業ICT関連などのシステム開発が堅調で4期連続経常増益予想。
早く公開したかったがご多忙で、3/7に許可頂けたので、ご紹介。
3/5買842円。3/28逆LC887円、買835円。4/6売853円、買817円。5/2買705円。

----------------------------------------
☆☆☆ 6/13選定 ☆☆☆
■8925アルデプロ

四季報:
【特色】収益ビル・マンションの仕入れ販売を手掛ける。権利調整に強み。事業再生ADRを経て復調
【連結事業】不動産再活97(15)、不動産賃貸収益等3(57) <16・7>
【急拡大】単体決算。利益率高い権利調整案件が前期に引き続き牽引、特に銀座など100億円超える案件が下期、大きく貢献。ビルやマンションの再生も着実に伸びる。営業益急拡大。10期ぶり最高益。増配余地。
【収益安定化】賃料収入増へ中期保有の在庫を増やしたい意向。大型案件増を見据え、さらなる資金調達先の確保も課題。従来の信金等のほか、大手銀行との取引目指す。

*管理人コメント*
12/15に147円利確の回転玉は12/16に118円買戻し。12/22の131円売り玉は12/25寄り115円買戻し。12/29DC確認の118円LC分は1/5に108円買戻し。1/12窓埋め記念105円買い。1/14買い100円。1/18買い97円。1/20引け成り93円買い。2/1回転部隊124円利確。2/3買戻し108円。2/5回転玉103円~100円仕込み。2/9の97円~2/12押目買い92円。3/7引け成り121円利確分と、3/8の119円と120円利確回転玉は114円以下で子株増殖買戻しを継続。3/9の111円まで買戻し。3/17寄り130円売り、119円~114円買い回転。3/24売り指し127円約定、買戻し125円。4/5逆指しLC122円。4/6買116円。4/18買@113.7円。4/26寄売125円、引買119円。4/27買118円。4/28買117円。5/2買116円。5/18買114円。6/2買112円。6/7買108円。6/14引買106円。6/16売109円、買99円。6/24売108円、買95円。6/30売118円玉は110円買戻し。7/6買108円。8/31買107円。10/11買106円。11/7逆指LC107円、買102円。12/12回転部隊は一旦138円利確、5MAタッチ待ち。12/13回転部隊は128円買戻し。12/15買増し126円。12/28売169円、引成買159円。12/29回転玉追加151円買。1/10売162円、買157円。1/11回転玉追加152円。1/16追加買149円。1/17買142円。1/24買139円。3/9回転玉174円売168円買。3/15回転玉売171円、買161円。3/16買159円。3/17PTS買138円。3/21買140円。3/23回転玉逆指しLC143円、引け買戻し135円。4/6買134、133円。4/12逆LC134円、買131円と129円。4/13買125円。4/17買123円。6/13回転玉仕込み138円。6/14回転玉売146円。6/15買137円。8/1買133円。8/2売136円。8/3買107円。9/1売137円。9/5買116、114円。10/30買105円。11/13買95円。11/14買93円。11/15買89円。11/17買88円。12/25買87円。12/26買84円。2/5買82円。2/6買77円。2/15買73円。3/23買71円。4/5買69円。4/6買65円。4/11買62円。4/18買55円。5/8半分売(回転用)72円。5/10買65円64円。5/15買61円。

-------------------------------------
☆☆☆ 4/16選定 ☆☆☆
■3641パピレス
(今期予想PER17.21、PBR3.98、利回0.25、自己資本比率59.8、有利子負債0)

四季報:
【特色】95年富士通の社外ベンチャーとして出発。電子書籍販売、配信の先駆者。07年から電子貸本展開
【連結事業】電子書籍販売100 <17・3>
【最高益】テレビCMなど販促奏功。『タテコミ』中心にサービス拡充。ただ海外向けコンテンツ翻訳など先行投資負担重い。前号より営業増益幅縮小。19年3月期はサービス拡充継続し国内堅調。前期強化の英語、中国語翻訳増で海外も好調。営業益拡大。
【中国語圏】18年3月中国向け事業展開にらみ香港に子会社設立。『タテコミ』にアニメーション効果付加した新サービス開始。

(ドントコメント)
4期連続増収増益、好財務。押目は拾えるのでは?
4/16買2010円。4/17買1936円。5/8半分売(回転用)2240円。5/9買戻し2180円。5/10逆LC2164円、買2054円。5/15買1771円。6/14売1969円。6/20買1730円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 4/23選定 ☆☆☆
■6638ミマキエンジニアリング
(今期予想PER15.76、PBR1.45、利回1.49、自己資本比率33.0)

四季報:
【特色】広告・看板向けインクジェット(IJ)プリンタで世界首位級。家電向け等産業用途開拓に重点
【連結事業】SG市場向け43、IP市場向け34、TA市場向け12、他11【海外】74 <17・3>
【増益続く】広告・看板向けはUVインク使用の新製品がまず欧州、続いて国内で好調。営業増益。19年3月期はUVインク使用機種が米国でも一段と本格化。製品保証引当金の負担も軽減。営業益の伸び続く。
【布 陣】17年11月発売のUVインク使用機は小型機では世界初で需要旺盛。国内外インク生産拠点を改組。3月着工予定だった鞍掛工場(東御市)も構想練り直す。

(ドントコメント)
4/12に18.3期経常益予想を15.0%上方修正し、増益率が14.5%増→31.7%増に拡大する見通し。
チャートも整いつつあり、押目は拾いたい。4/20買@813円。5/2半分売880円(回転用)。5/8全売(押目買い戻し用)904円。5/11買883円。5/14買850円。5/24売907円、買873円。6/18売910円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 2/25選定 ☆☆☆
■3981ビーグリー
(今期予想PER13.74、PBR1.99、利回0、自己資本比率64.8)

四季報:
【特色】スマホ向け電子コミック配信サービス『まんが王国』運営。漫画家、出版社との直接契約に特徴
【単独事業】コンテンツプラットフォーム100 <16・12>
【大 台】第3四半期の進捗率高いが、持ち越していた広告宣伝費を終盤に投入、営業利益は想定線に。18年12月期は集客力のある大型コンテンツや好採算のオリジナル品が拡大。従来の月額制に加え10月スタートの都度課金制も奏功し売上は大台乗せ。
【昇格か】株主優待開始。まんが王国ポイントに交換できる『王国図書券』を株数に応じ進呈。東証1部鞍替えのシグナルか。

(ドントコメント)
勉強会で、アイスコーヒーさんから2/22にご紹介。
業態の競争力と成長性、株主優待開始(王国図書券を株数に応じ進呈)と、東証1部鞍替えの可能性にも期待したい。
2/22買(1580円と1560円)。3/5売1667円、買1558円。3/26買1506円。4/10売1824円。4/11買1776円。4/12半分売1957円。4/16全売1850円。4/17買1743円。5/1売1746円。5/2買@1676円。6/5買1440円。6/14売1606円。

-----------------------------------------
☆☆☆ 3/8選定 ☆☆☆
■4588オンコリスバイオ
(予想PER-、PBR3.68、利回0、自己資本比率83.5)

四季報:
【特色】腫瘍溶解ウイルス技術を使うがん治療薬、がんマーカー開発、B型肝炎など重症感染症治療薬も
【単独事業】医薬品66(-269)、検査薬34(-176)【輸出】96 <16・12>
【費用軽減】血中浮遊がん細胞検査薬のロイヤルティ堅調。腫瘍溶解ウイルスは導出先から報奨金。治験費用重い。18年12月期もロイヤルティ、報奨金見込む。導出先との戦略提携改定で治験費用負担は通期軽減。
【共同研究】血中浮遊がん細胞検査薬は、肺がん細胞の早期発見と効果的な治療法選択へ順天堂大学と自動検出システム構築の共同研究。中国導出先が治験申請の準備。

(アイスコーヒーさんより、3/6に勉強会でご紹介頂きました)
バイオ治療薬開発ベンチャーなので当然赤字続きですが、きっちり開発成果を出してるので、今後の治験実証IRと思惑相場に期待したい。
3/7買938円。 3/16買913円。4/11売860円、買830円。 5/14売863円。
 

レンタル掲示板
/23