teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとうございます。

 投稿者:Fujiponメール  投稿日:2011年 8月21日(日)15時03分23秒
返信・引用
  何度もすいません。
やはりメールのシステム不良です。
届いておりません。 申し訳ないです。

こちらの掲示板にてリンク・引用の件、ご了承の確認いたしました。

大変参考になります。
私どものHPの掲載・リンクにおいて不都合な点がございましたら
修正いたしますので、どうかよろしくお願いします。

ありがとうございました。
 
 

ありがとうございました

 投稿者:リーサ  投稿日:2011年 8月19日(金)22時42分38秒
返信・引用
  > No.140[元記事へ]

管理人様、お返事ありがとうございました。

YouTubeでは"alcobareno26"というユーザー名で
壬生六斎念仏や囃子方の公演の動画をいくつかUPさせていただいております。
あまり綺麗に撮れていないので申し訳ないのですが…

講中としてか囃子方としてかはわかりませんが
被災地で奉納をされることがありましたら、恩師にもお伝えしたいと思います。

京都は独特の蒸し暑さがありますが
熱中症などにお気をつけください。
 

御礼

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 8月19日(金)22時05分22秒
返信・引用
  >> リーサ様

いつも壬生六斎や綾傘鉾の公演をご覧頂きましてありがとうございます。
UPして下さった動画、ありがたく拝見致します。
講中の皆も喜ぶと思います。

ところで、先の災害の折には多くの方々の犠牲が出ましたが、
被災地域の鎮魂と慰撫のために、
壬生六斎念仏講中としても、是非お力になりたいとの意見は出ております。
いつか何らかの形で実現できればと私も思います。
高校の先生はご無事で、本当に良かったですね。


>> Fujipon様

大変遅くなりましたが、先日了承の旨返信致しました。
今後ともよろしくお願い致します。
 

引用、リンクについて

 投稿者:Fujiponメール  投稿日:2011年 8月13日(土)11時56分27秒
返信・引用
  先日、メールをさせていただきました。

三若 祇藤会のHP制作責任者です。

システム不良等も考えられますので、この場をお借りしまして再度ご検討の程よろしくお願いします。

http://www.gitoukai.com

 

お疲れ様でした。

 投稿者:リーサ  投稿日:2011年 8月11日(木)03時04分3秒
返信・引用
  はじめまして、リーサと申します。貴重な場をお借り致します。
暑い中での祇園祭ならびに精霊迎えお疲れ様でした。

祇園祭や精霊迎えを毎年見ていますが、管理人様の棒振りを見ていつも綾傘鉾囃子方や壬生六斎念仏という2つの組織に出会えたことに感謝していると同時に、精霊迎えの獅子舞で、碁盤の準備後すぐの獅子舞と獅子太鼓の方の絡みを見て私を含め多くの方が楽しませていただきました。ここにお礼申し上げます。

また私事で誠に恐縮なのですが、高校時代の恩師が去る三月の震災に不運にも遭い、しかし不幸中の幸いとでも申しましょうかご家族の皆様は無事であるという話は聞いたのですが、まだ余震を許さない状況下で仙台にお住いの皆様が不安な状態であるという話も同時に聞いております。綾傘鉾や長刀鉾が仙台に行った時に、棒振りばやしをスクリーンで上映した際、涙を流された方、手を合わし感謝をされた方もいたという話を聞き、大変難しいことかと存じますが皆様が現地で奉納をして頂いたら…と思うばかりです。

話は変わりますが、僭越ながら山崎聖天や祇園祭・先日の精霊迎え時の動画を画質は少し悪くて申し訳ないのですが、いくつかYouTubeにてupさせていただいております。少しでも管理人様のサイトに役立てればと思います。

纏まりがない長文となってしまいましたが、お体にはお気をつけてこれからも頑張ってください。また管理人様を通してという形で誠に申し訳ないのですが、他の講中の皆様にもよろしくお伝えいただければ幸いに存じます。
これからも可能な限り見に行きたいと思っておりますので、その時はよろしくお願い致します。
 

ありがとうございました♪

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 8月11日(木)00時08分46秒
返信・引用
  テレビ出演の件では、覆面していたにもかかわらず全然知らない方にまで声をかけて頂きまして恐縮しております。

動画についても、これまた見ず知らずの方々に沢山、しかも綺麗に撮って頂いたものをYouTube上にUPして頂いていまして、これを拝借しております。

既に今年のものも多々載せられていますので、またこちらからリンクを貼って紹介したいと思っています。

本当に大勢の皆さまの応援で、この小さなサイトはもちろん、綾傘鉾も支えられているのだなあと実感し、かつ、もっとちゃんと演技をできるようにならねばなあ、との思いを強くする今日この頃です。

8月9日の壬生寺精霊迎えも無事に務めることができまして、この場を借りて、また講中を代表して皆様に御礼を申し上げます。

ありがとうございました!
 

ありがとうございます

 投稿者:天久  投稿日:2011年 7月30日(土)10時35分48秒
返信・引用
  素朴な疑問にも関わらず丁寧に答えて頂き、ありがとうございました。
管理人様の返信を読んで、なるほど~と納得しました。

14日の棒振り、やはり管理人様だったんですね♪
テロップに名前が出た時に、何故か知っているような気がして…。
こちらのサイトに来て見たら「あれ?もしかして…」と思ってお尋ねしました。
巡行日前にリアルタイムで見ることが出来、嬉しかったです。

サイトの方も動画がUPされて、さらに分かりやすくなりましたね。
これからも、動画+管理人様の解説で楽しませて頂こうと思います。
 

右手の所作

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 7月27日(水)19時52分22秒
返信・引用
  天久様

お久しぶりです。ご質問ありがとうございます。

右手の所作のことですが、あれは慣習的に定着している動きです。
振付の一部といえば、そうかもしれません。
ただし、壬生六斎(綾傘)では必須のものでなく、演者によってやらない場合もあります。
なお、壬生狂言では型の一部として構成されています。

意味としては、一種の見栄を切るようなことと思います。
ちなみに、傘鉾を描いた昔の絵画の中にもそれらしい手つきが見えます。
巡行に取り入れたのは、その再現を意識したものです。
本来六斎・狂言では、舞台から袖に隠れるまでやるのですが、巡行ではそうもいかず、方向転換の一瞬だけやるにとどめています。
今後、まだまだ研究余地のある分野です。

14日の棒振りは、恥ずかしながら私です。
 

棒振囃子について

 投稿者:天久  投稿日:2011年 7月21日(木)10時17分29秒
返信・引用
  今更という感じもするのですが、どうしても気になってしまい
書き込ませていただきます;巡行時、棒振が終わった後に右手を
前(進行方向?)に出していますが…これも「振り」の一部なのでしょうか?
意味があれば教えて頂きたいです。
あと、今月14日に某番組で棒振りを披露された方は管理人様でしょうか?
間違っていたら申し訳ありません;
 

綾傘鉾出演のお知らせ

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 2月18日(水)10時58分31秒
返信・引用
  綾傘鉾が京都会館に出演します。

第39回京の郷土芸能まつり
日時:2009(平成21)年2月22日(日)13:30開場14:00開演
場所:京都会館第2ホール
料金:1,700円

綾傘鉾の登場は2回で、1回目は日和神楽の形式で14:25頃、2回目はくじ改めの形式で16:11頃です。
共演団体は、放下鉾、祇園獅子舞、今宮やすらい花、一乗寺八大神社剣鉾差し、久世六斎念仏。
当日お越し頂いても十分お入りいただけると思います。
ぜひご覧くださいませ!

http://www.kyoto-ongeibun.jp/kyotokaikan/

 

レンタル掲示板
/11