teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ツマグロヒョウモン大国(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


春の到来の写真

 投稿者:ホシガラズ  投稿日:2015年 6月 1日(月)20時53分5秒
  編集していて写真を消していましたので、写真のみ追加します。
この地点はグーグルで探していますが…
 
 

さあ、春の到来

 投稿者:ホシガラズ  投稿日:2015年 6月 1日(月)20時49分1秒
  ご無沙汰しております。
久しぶりに遊びに出ましたら、春の息吹に圧倒されました。
シベリアのツンドラ地帯です。タイガの森林帯と変わって地面がむき出しの大平原です。
元々雪はないのか、もう溶けたのか、知らないのですが、大地は雪ではなさそうです。
大きな河川はまだ氷です。主流につながる支流はキラキラ輝いていました。
じっくり見つめると水の流れがわかりました。主流の氷の上に流れ込んでいました。
今頃は春の到来なのですね。(5月8日撮影)

この飛行機は火を噴くボーイング787ですぞ。しなやかな主翼やカーテンがないのに調光して夜を演出する窓とか新しいところには興味をひかれましたが、何とも立てつけの悪い飛行機ですがな。
1970年代のイタリア車みたいな仕上げでした。寄せ集めの部品の組み立てだけの結果です。
その分業の単体の椅子にしても、テーブルは力任せに引かないと出ないし、バーンとたたかないと元に戻らない。精度が悪いし設計が悪い。トイレもあきまへんな。JALもこれはANAにまかせておいたらええでっせ。
日本メーカーは恐れることはない。
なおJALの777の新世代エコノミーのお試しの方は素晴らしいシートでした。国際線は6月から使用とか。惜しかった。ヒコーキの話は別のHPでたっぷりしています。
 

キチジョウソウの花

 投稿者:ホシガラズ  投稿日:2014年10月24日(金)19時46分9秒
  秋の花展にと育てていたキチジョウソウの鉢植えにようやく花が咲きました。シマカンギクの先初めと同時だったのですね。秋の花展には間に合いません。
本当に地味な咲き方なので気にしていないとわかりません。葉っぱの陰にひっそりと咲きます。
門柱の後ろのバラの植え込みの根元に植えたらものすごい繁殖力を見せて先に植えたアオイを駆逐しました。茎が伸びてオリズルランのようになりますので鉢植えでも利用価値がありますよ。
御釈迦様は涅槃に入るときにマットにされたそうな。
 

チョウゲンボー

 投稿者:ホシガラズ  投稿日:2014年10月19日(日)17時09分21秒
  10/19、滋賀県・大中干拓地田んぼ。今年初めてチョウゲンボーの飛行を見ました。
初めに1羽、続いて2羽、続いて7~8羽の群れ。さらに2羽。たくさん集まったときは晴天のこの日の最高のサーマル(熱上昇気流)で細かい旋回で舞い続けました。後の少数のときはトビと空中戦でした。写真をあわてて500mmで撮ったら青空だけでした。
一昨日は1羽も見ませんでしたが写真マニアが右往左往、反対に今日はどなたも来ていない。そんなものですね。

なお、地上の田んぼは若い蜘蛛の旅立ちでした。前にも写真をupしましたが、なにもかも蜘蛛の糸でからめ捕られて大変。
 

秋の生態園

 投稿者:ホシガラズ  投稿日:2014年 9月20日(土)14時54分45秒
  9/20、秋晴れ。フジバカマがピンクの蕾から咲き始めの一番美しい時期になりました。
今日はアサギマダラの乱舞が楽しめました。
あたりでは、カリガネソウが青空を染めていましたし、足元にはヒガンバナが精いっぱいのアピールです。ヒガンバナは6本の花に6本のひげで6・6・36かな。
 

フジバカマの季節

 投稿者:ホシガラズ  投稿日:2014年 9月 6日(土)16時53分42秒
  夏の天候がおかしくて、秋の花が早くも咲きだしています。フジバカマもしかり。月末の秋の花展まで持つのでしょうかね。9/6生態園グループの定例作業。朝のうちに、小塩のフジバカマ栽培園地の様子を見てきました。つぼみがピンクに膨らみ、一番美しいときでした。女高生の清楚さでしょうか。

デジカメの液晶がぼけて真っ黒け、あてずっぽうで構えて撮影しました。携帯の方はなんとか。あの美しさはよう表現できませんでしたが、なんとか想像してやってください。細長い棚田に沿って植えられ、草地が半分あるので、素晴らしい散歩道というところです。京都市の遠景もきれいです。

23日からオープンガーデンですので、お重箱を持って出かけませんか。地元のお店も出ます。
さらに、水尾やら梅小路やら、フジバカマも藤井さんもアサギマダラも忙しいことです。めでたしめでたし。
 

台風13号のイタズラ

 投稿者:ホシガラズ  投稿日:2014年 8月14日(木)09時02分59秒
  8月10日の台風は久しぶりに近畿に接近しました。ここ数年は南岸を通過する台風ばかりで警戒心が薄れていたところなので驚く人も多かったようです。常にどんどん降ってどんどん崩れるのが日本列島のあたりまえ、忘れてはなりません。縄文の温暖期にはすごいことだったでしょうね。

台風の最中、1時ごろ、観音寺池生態園を見に行きました。ところがどっこい、ものすごい風景がありました。子守勝手神社の方から農道の上が激流に変わっていました。生態園の前で流れが北に(左に)逸れて下の田んぼの作業道にほとばしり坂川に向かっていました。生態園の池や護岸が気になりましたが近づくどころでありません。長靴を越えるのです。流されてはいけないので見ているだけでした。とぐろを巻き流れる様にはびっくりしました。
そのあと、市の土木課が出動しました。写真が小さくてごめん。

翌日見ると農道の上には土砂や岩石が積みあがっていました。トラックも通過できない様子でした。鎌が谷からの流れが用水路を溢れ上のT字路から一気に農道を下ったようです。もちろん生態園脇のふたをした部分が詰まったこともありますが、根本的には道一杯に流れ下ったことが窺われます。坂川に向かった流れは下の田んぼの作業道に深い溝を彫っていました。農地を逸れてすぐに用水路を下ったのが幸いと言えますが。

生態園の被害はありませんでした。いつもならビオトープ池につながる水路が激流になるのですが、上の段の日曜農家がいろいろ工作物を作っているので日常から水が妨げられていましたから上の段で止まったのでしょう。わずかに泥の体積がビオトープ池にあった程度でした。

そもそも鎌が谷は崩れやすい砂岩です。おそらく光明寺断層の作用でぼろぼろに破砕されていました。常にがらがら崩れて流れています。これが長岡京市の今里河岸段丘などのシルト層を生んだ母親でしょう。ものすごい供給力です。
ぼろぼろならまだいいのですが、過去には大規模な山体崩壊(深層山崩れ)があったことは間違いありません。鎌が谷の地形こそその証拠です。深いV型に切り込まれています。じゃぶじゃぶ池の墓地の小山などはその堆積であることは間違いありません。鋭くとがった砂岩のかけらが混じり木片も混じります。それらの下位に大阪層群とは時代が大きく異なります。

今回の被害からも平凡な風景の持つ脅威に長岡京市は目覚めてほしいものです。メンツで光明寺断層の位置をごまかすことは止めるべきです。危険を市民に周知すべきです。ああ、長法寺、天神、光風台のみなさま…。

 

グンバイトンボ

 投稿者:花より団子  投稿日:2014年 5月31日(土)22時27分9秒
  画像の添付を忘れました。  

グンバイトンボ

 投稿者:花より団子  投稿日:2014年 5月31日(土)22時24分55秒
  地元の人に、見たことがあると聞いてから5年目でようやく見ることができました。
でも、見れたのはほんの10秒ほど。そのあと昼食をはさんで3時間半、双眼鏡で探しまわりましたがそれっきりでした。疲れました。
 

ヤンバルの蝶

 投稿者:花より団子  投稿日:2014年 5月24日(土)15時45分17秒
  たくさんの蝶も見ることができましたが、なかなか撮らせてはもらえません。  

レンタル掲示板
/52