投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 株式会社イズ ブランド腕時計コピー(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


DIYオールペンについて

 投稿者:未熟者  投稿日:2011年11月27日(日)20時18分54秒
  度々すみません<(_ _)>
本塗りを垂らしてしまった場合クリアをふくまえに削って塗り直しは可能でしょうか?
また本塗りでメタリックを吹いた場合削りをいれないでクリアを吹くのでしょうか?
よろしくお願いします<(_ _)>
 

DIYオールペイントについて

 投稿者:K・H  投稿日:2011年11月22日(火)21時17分18秒
  そうですね。おそらく赤系統の車で、クリヤーはげということであれば

チョーキングという不具合が旧塗膜面に発生しているのではとおもいます。

チョーキングという不具合はクリヤーが劣化してチョークの粉のようにぼろぼろにはがれる現象です


基本的に800番程度のペーパーで段差をなくしてしまえは、ベース(メタリック)を吹き付けたときにチヂミなどといった不具合が発生しないのであれば問題はありません。

チヂミ防止の吹き付け方としてプロは最初に軽く薄く吹き付けていくのですが

これでチヂミが発生するようであれば、ペーパーの段差の部分だけ2液型のサフェーサーを

塗るとチヂミを防止することができます。


ベースを塗る塗料の種類にもよりますが、上記の不具合が発生しないのであれば基本的には問題はありません。
 

DIYオールペンについて

 投稿者:未熟者  投稿日:2011年11月22日(火)20時55分55秒
  丁寧な回答ありがとうございます。
当方の車、クリアはげがはげしく、なんとかペーパーで平らにしたのですが、この部分に関しても直接色を載せてしまって大丈夫でしょうか?
 

DIYオールペンについて

 投稿者:K・H  投稿日:2011年11月21日(月)12時40分38秒
  こんにちは、オールペイントのサフについてですが、下記の場合サフェーサーは不要かと思います。

旧塗膜面(ソリッドの赤)に傷等があって補修する場合にはパテを入れた部分にはサフェーサーは必要になりますが、それがない場合は、


足つけ(傷つけ)用のコンパウンド
等を、たわし(スコッチブライト等)1000番から1500番程度の
ものにつけて、旧塗膜面のつやが消える程度に手で足つけすれば
問題はありません。


また、ソリッドの赤からワインレッドメタリックということですので、
比較的、色の染まりも良いと思われますので、下色を塗る必要もないと思います。



この場合の工程を簡単にあげると、下記のようになると思います。



1.傷を入れたくない部分のマスキング(ベルトモール、ガラスなど)


2.たわしでの足つけ 1000番から1500番

3.あしつけにコンパウンド等を使用した場合は、それの洗い流し(水洗い)

4.水分の完全な除去(エアブローができれば尚よいです)

5.マスキング

6.塗装表面の脱脂

7.塗る直前にタッククロスとうでエアブローしながら埃の除去

8.色塗 (すて吹き、色決め、ムラ取り)

9.クリヤー塗装( 2回から3回程度  )

10.乾燥

11.磨き作業


簡単に工程を示すとこのような流れになるのではないでしょうか
参考にしていただければと思います。


http://www.to-sou.com/tosou/tosou.html




 

DIY オールペンについて

 投稿者:未熟者  投稿日:2011年11月21日(月)02時22分22秒
  塗装について質問なんですがお願いします。
今回、ソリッドの赤→ワインレッドメタリックに塗りたいのですが下地にサフェイサーを塗るべきなのでしょうか?
一応元が赤であればサフの工程ははぶいちゃうものなのですか?
 

バイクのカウル塗装について

 投稿者:K.H  投稿日:2011年 9月23日(金)07時51分15秒
  クリヤーのプラスチック硬化剤ですね

日本ペイントではソフトナーといわれています。

バンパーなどの比較的、動きやすい樹脂部分のクリヤーを塗る場合はプロは比較的

使用頻度が多いものですが、必ず必要なものとは限りません。

プラスチックなどの塗装が今後増える予定であれば使用する方向で考えてもいいと思います。

あとプラスチック用のソフトナーを使う場合はサフェーサー(下塗りの段階から使用しないとあまり意味をなしません)クリヤーにソフトナーが入っていても、下地サフェーサー(2液性)に入っていないと下からの衝撃時等にひびが入るからです。

結論から言いますと、わたしならソフトナーがあれば使用して、もしDIYで在庫がないのであれば使用しないと思います。(スクーター塗装の場合)

あと、プライマーですが、テロソンのミッチャクロンを私も使用していますので、作業性もミッチャクロンを使用することでよいと思います。

ただし厚塗りはせず、薄く2回程度かけるくらいで大丈夫です。かけすぎは逆によくありませんので注意していただけると幸いです。

 

バイクのカウル塗装

 投稿者:ヨシ  投稿日:2011年 9月23日(金)02時40分22秒
  スクーターカウルへウレタンのガン塗装の為
塗料を準備中ですが、プラスチック用硬化剤は必要でしょうか?
レポートを見る限り使って無さそうでしたので…。

又、クランクケース(駆動側)も同時に塗装予定ですが
アルミ用のプライマーを用意すべきでしょうか?
中々アルミ用が見つからないので、ミッチャクロンを考えています。
 

ヒューズとコードについて

 投稿者:K.H  投稿日:2011年 9月17日(土)16時51分41秒
  キーレスのヒューズについてですが、一般的なキーレスのアンペア数よりも15アンペアヒューズでは私の経験上では大きいような気がします。流れる電流の値を確認してみないとはっきりしたことは言えませんが、

おそらく購入時についてきているヒューズであれば問題はないと考えます。

15アンペアという大きいヒューズを使用していることを私なりに考えると通常は

キーレスを作動させるのにそれほど大きな電流はかかりません。

ただしキーレスのアクチュエーター(本体部分)とうがロックしたり壊れたりした時

に大きな電流が流れたときにヒューズが断線する設計となっているのではないでしょうか。


(車種によってキーレスを作動させる電流値が異なる場合もあるのでヒューズに安全の範囲で幅を持たせている可能性もあります)


一般論でいうと購入時に設定されているもので、取扱説明書の記載の通りに取り付けを

行えば問題はほとんど起こることはありません。(一部の海外製品を除く)


不安であれば配線を交換するか、作動時の電流を測定して問題があるのかないのかを確認

するしかありません。


一番の方法は、購入店で問題の有無を確認するのがいいと思います。
 

(無題)

 投稿者:アキト  投稿日:2011年 9月17日(土)12時14分32秒
  0.5スケアであれば12Vの自動車で60ワットまでなら問題ないですね。

電流×電圧がワットですから


60÷12=5Aですから通常の流れる電流の値は5アンペア以下でないといけませんね。

メーカーはどこのキーレスでしょうか?





 

ヒューズとコードについて

 投稿者:教えて君  投稿日:2011年 9月17日(土)11時37分3秒
編集済
  すみません車についてはド素人です
インターネットで安いキーレスを見つけて
初代オデッセイについている反応しない
キーレスに取り付けようと考えました
その購入したキーレスのハーネスには電源取りコードに15A平ヒューズがついている
のに太さが20awg[0・5sq]なんですが問題ないでしょうか
誰か教えてくださいよろしくお願いします

 

/15