スレッド一覧

  1. 株式会社イズ ブランド腕時計コピー(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:5/146 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

自動車板金塗装について

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月 3日(月)00時10分42秒
  通報
  下記のご返答の続き...

パネルボンドの接着の要点は接着面のしっかりとした足付け→脱脂作業→ボンドに隙間ができない
接着作業→固定した状態での気温にあった接着硬化時間の確保です。

特に隙間ができない接着が重要となります。

パテ研磨作業中のプラサフですが1液でも大丈夫です。

理想的な工程としては、サフェーサーは薄く塗っておき、次の作業時にそのサフェーサーを
研磨して下のパテが露出した状態から再度パテを塗布するという工程が最適だと思います
できるだけ1液ベースをパテとパテの間にサンドイッチにしないようにするための工程です
多少サンドイッチになる分には問題はないですが、できるだけサンドイッチしないのが理想的で
す。

パネルボンド硬化後の旧パネルとの段差の処理ですが段差が気になる場合は足付け後
パテ処理をしてサフェーサー→上塗り塗装といった手順で行えばよいと思います。
フロアパネルなのでパテの割れ等が発生することを考慮してファーバーパテやカーボンパテで
下地処理を行うとよいと思います。



また、段差が気にならない場合は段差の部分を薄くシーリングして水分が侵入しないようにして
その上からサフェーサー→塗装といった順番で行えばよいともいます。


また最終仕上げのサフェーサーは2液のウレタンプラサフが一番良いと思います。


また何かございましたらお気軽にご質問いただければ幸いです


 
》記事一覧表示

新着順:5/146 《前のページ | 次のページ》
/146